i1Profilerをさっそく試すと

2013.08.10 Saturday

0
    さっそく、スキャナプロファイルを作成し直し、EPSON標準プロファイル(自動補正)と比べてみました。
    今回はポジフィルムからのスキャンです。

    まず、EPSON標準の自動補正による取り込み。
    epson001.jpg





    次に、新しくi1Profilerにて作成したプロファイルでのでの取り込み。
    newicc001.jpg






    エプソン標準ではビルの壁や空の色で赤みがかなり強く出ています。一方新しいプロファイルでは壁が緑に振れています。ライトボックスで見たポジフィルムと比べてみると、新しいプロファイルの方により近い色となっています。カラーバランスは、新しいプロファイルの方が勝っていると思いました。
    しかし、飛行機雲のところを見ると、新しいプロファイルでは完全に露出オーバーで飛んでしまっています。
    そこで、新しいプロファイルを当てて、かつ露出のみ調整して再取り込みをしてみました。それが次の写真です。

    retoch001.jpg





    最初からこれくらいで取り込んでくれれば嬉しいのですが、他の写真を見ても一律に露出オーバー気味なので、どうもこのプロファイルを使うとそうなってしまうようです。
    EPSON標準で取り込んでカラーバランスを整えるのと、スキャン時に露出調整をするのとどっちが面倒かといえば、圧倒的にカラーバランス調整ですので、今後は、新しいプロファイルを使って取り込みをしていきたいと思います。

    以前のバンドルソフトであるEZcolorよりも確実に性能が上がっていますね。プリンタプロファイルやモニタプロファイルを作成する機能は削除されていますが、それは他のソフトを使えばいいので問題ありません。今回は大変嬉しいプレゼントでした。EPSONさん、ありがとう〜。

    http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/


    i1Profiler for EPSON GT-X970

    2013.08.09 Friday

    0
       
      Leica M3 Super Angulon 21mm/F3.4         KODAK TRIX








      エプソンのスキャナGT-X970にはスキャナプロファイルを作成するEZ colorというソフトがバンドルされていたのだが、既に開発終了品で、最新のOSでは動作できない状態であった。残念な状態が続いていたのだが、今日、たまたまエプソンのホームページを見ていたら、何と、「i1Profiler」というスキャナプロファイル作成ソフトが新たにバンドルされていて、急ユーザーにも無償提供!となっていた。知らなかった。いつからだったんだろう?
      うれしい。
      早速時間を見つけて試してみたい。エプソンさん、ありがとう!







      GT-X970のドライバアップデータ

      2011.04.04 Monday

      0
         セイコーエプソン社からGT-X970のドライバアップデートがでました。
        以前、私のブログで取り上げたこの問題が修正されているのかもしれません。
        私の場合、システムを新規インストールした際にいつの間にか直っていましたが、、、、

        サポートに連絡した際は「再現しない」と一蹴されましたが、やはり問題があったのでしょう。
        このアップデータを入れて、また問題再現すると嫌だなあ。。。さて、インストールするかしないか。(笑)




        GT-X970とSnow Leopard の不具合

        2009.08.30 Sunday

        0
           GT-X970のアップデータはそうそうに出ていたのですが、私の環境では不具合発生しています。

          プレビュー後にスキャンボタンを押すと、「ICCプロファイルが見つかりません」とアラートが出て、スキャナすることができません。プロファイルを指定しなかったり、ICC情報を埋め込まない、補正をしないなどを選択するとスキャンできます。文字通り、ICCの場所を探せないようです。ColorSyncユーティリティでプロファイルの修復など試しましたが、改善されません。
          エプソンにも電話で問い合わせましたが、まだ報告されていない問題で、解決方法もわからないとのこと。

          幸い、Photoshopプラグインからの取り込みは可能です。
          しばらくは、Photoshop経由での使用になりそうです。


          午後5時 渋谷スクランブル交差点

          2009.08.25 Tuesday

          0

            Leica M3 Elmarit 28mm/F2.8 2nd EKTAR 100







            Leica M3 Elmarit 28mm/F2.8 2nd EKTAR 100





            中判カメラをきちんとやってみようということで、スーパーイコンタ 105mm/F4.5をゲットしたのを機に、スキャナを新調した。
            おなじみのエプソンGT-X970である。(ちなみに、前機種は、コニカミノルタのフィルムスキャナである。)
            ブローニーも取り込めて、手ごろな価格でとなると、まあこれしか選べないという状況なので、しょうがない。
            ライカ版でフィルムを4シート24枚、一気に取り込めるのは大変ありがたい。スキャンを開始して、ほったらかしにできるので(笑)。

            スキャニングのソフトによって、同じフィルムからの取り込みでもずいぶんと違うものだと感じた。こちらの方がダイナミックレンジが広く、失敗写真も上手く取り込んでくれる。その分、幾分「ねむい」印象はある。しかしそれはレタッチで修正可能な範囲。前の機種は、はまるとすごく良い画を出すが、スイートスポットが狭かった印象。ただし、プレスキャンをして、レタッチをしてから取り込むとかなり追い込めた。
            エプソンのスキャンソフトは、レタッチの機能も貧弱だし、レタッチをしてから取り込むというフローがやりにくい。良くも悪くも、オートで取り込んで、あとからレタッチというスタイルなのだろう。それが可能なくらい、オートでの取り込みが安定している。
            取り込みが安定していることと、連続スキャンが可能になったので、少しでも経費を浮かせるべく、今後はお店CDは極力避けようと思う。現像のみにしてもらって、自宅スキャンでしのぐつもり。

            ちなみにEKTARの取り込みに関しては、前機種の方がその特徴をうまくつかんで取り込んでいたように思う。あちらの方が色鮮やかに取り込んでくれる。というか、フィルムの感じがストレートに反映してしまうのだろう。GT-X970で取り込むと、やけに落ち着いた色彩に飼い慣らされてしまう感じ。こちらに関しては、コダックでフォトCDとして焼いてもらった方がいいかな。
            いろいろなフィルムでスキャンを試してみよう。

            今回のアップ分は、GT-X970とEKTAR 100の組み合わせです。

            1