なみだふるはな

2012.03.20 Tuesday

0
     1.jpg
    EP-2 Mマウントアダプタ L NIKKOR-P.C 85mm F2






    今日は、スーパーイコンタでブローニーフィルムを2本撮影した。
    別にフィルムにこだわっているわけではないんだけど、何となくゆっくり撮りたいという日があって、そんなときはフィルムカメラを持ち出してしまう。なんか、癒されるという感じはある。

    それから昨日花屋で買ってきたチューリップを撮ってみた。
    そういえばマイクロ4/3用のMマウントアダプタを持っていたことを思い出し、ニッコールレンズを付けて撮影。170mmF2相当となるのだが、当然本物の170mmのようにはならない。マウントアダプタ経由の焦点距離というのは、まあ目安みたいなもの。モニタを見ながら撮れるから撮影イメージがわかるからいいけれど。

    石牟礼道子と藤原新也の新刊「なみだふるはな」を読んでいる。
    二人の会談を収めた本なのだが、これがとてもいい。
    石牟礼さんというのは、話している言葉も書いてある言葉も、同じような優しい響きをする。熊本弁(水俣弁?)なぞ全然知らないのだけれど、言葉の音、リズムがとても心地いい。
    お薦めします。


    つれづれなく。



    2.jpg
    E-P2 ZD50mmMACRO/F2.0






    RAYQUAL LM-4/3アダプタ を試す

    2010.04.10 Saturday

    0

      OLYMPUS E-P2 Summaron 3.5cm/F3.5  開放




      ご無沙汰です。
      皆さんお奨めのRAYQUALのマウントアダプタを購入しました。
      1週間くらい前に届いていたのですが、ストレスフルなお客さんに振り回され、カメラに触れる元気もなく、ようやく今日使うことができました。

      とりあえず、ズマロンをつけてみました。ライカ版換算で70mm。
      電子ビューファインダーで覗くと、35mm→70mmも不思議と違和感がない。なぜかわからないですが。
      でも4:3という画面比率がとても違和感。それならいっそのこと6:6にして撮ってみました。
      E-P2は不思議な魔力があって、どうしてもこのカメラで本気で写真を撮ろうとか、一瞬を狙おうみたいな気持ちにさせてくれません(笑)。マジックです。なので、どうせならいろんなギミックで行くか・・・みたいな感じになるのです。

      レンズの味などと言うのはもはや死語に近いこの世の中ですが、いかがでしょう。どう評価して良いのかわかりません。ただ、モニタやビューファインダーで覗いたときの感じは、キットレンズとはどこか、しかし明らかに違います。多少ですが、気分を高揚させる何かがあります。「多少」とは言え、「ある」と「ない」では天と地ほどの差なので、これは素直に嬉しい。なるほど、この感触がマウントアダプタ遊びを流行らせる何かなのかもしれないです。

      あとやっぱり、レンズを装着した姿は、MZDのどのレンズよりもかっこいいです<^^>。









      ジオラマ

      2010.01.11 Monday

      0


        今日は、20年ぶりくらいにアイススケートに行ってきました。
        子どもの頃はスキーばかりで、スケートというものをやったことはありませんでした。
        今日で、人生3回目くらいです。
        運動不足&変なところに力を入れすぎて滑っているので、足腰がイタタタ状態です<^^;。

        携帯カメラムービーで、自分が滑っているところを家人に撮ってもらいました。
        でかい男がガチガチの緊張感で滑っていて、大笑い。変すぎて目立っていました。

        さて先日、EP-2のアートフィルター「ジオラマ」を使って撮影をしてみました。
        ほー、なかなか面白いね〜・・・だから何?って、感じの写真になりますね、ジオラマは。
        ジオラマを一つの作品として昇華させるには、やはり相当に計算して撮らないといけないでしょう。本城直樹さんのように1枚の写真としてみせる力量は、やはり相当であるなと感じました。

        ところでこの「ジオラマ」ですが、どんな構図で撮っても画面の中央から上下方向に向かって強烈にぼけていきます。ピントを合わせたところを中心にぼけていって欲しいところですが、そうはいきません。つまり、消失点というかピントは、常に真ん中に合わせないといけないのです。これは残念ですね。まあ、そう言ったこともあって枚数を撮ると飽きてくるというわけですね。
        ちなみに縦構図にすると、上下中央のタテラインを中心に、左右に向かってぼけていくという、何とも間抜けなことになりますので、ジオラマは横構図専門であります。
























        ね、だから何?って言ったでしょう。

        クロスプロセス

        2010.01.08 Friday

        0
          E-P2を持ち出してみました。

          撮影時にアートフィルターを決めて撮っています。 
          なんか、E-P2でまじめに撮影するっていう気が起きないんですよね(笑)。変な言い方ですが。トイカメラの親分、っていうイメージがあるからでしょうか。
          「あ、この場面、あのアートフィルターを使うと面白そうだな」っていうインスピレーションがあって、それで撮っています。
          今、一番のお気に入りアートフィルターはクロスプロセスです。購入前はそんなに注目していませんでしたが、なかなか良い雰囲気がでるように思います。

          面白いのは、雰囲気だけで撮っているので、アートフィルターが効いていないRAWで見てみると、つまんない写真が多いんですよ〜。っていうか、ほとんとダメ写真。アートフィルターの「雰囲気だけでなんとなく写真」しか撮れないところも、トイカメラの真骨頂かなと思います。

          ブログに載せるのがちょっとはばかられます<^^;。

          無理してEVFを購入したのは大正解でした。あれはいいです。
          ピント合わせなど、マニュアル撮影がとてもしやすくなりますから。

          写真は、続きの方で・・・
          続きを読む >>
          1