穏やかな日のために

2015.11.17 Tuesday

0
    L1027525.jpg
    Leica M9 Biogon 25mm/F2.8






    テロの犠牲になられた方の、ご冥福をお祈りいたします。

    再訪

    2014.08.18 Monday

    0
      L1021780.jpg
      Leica M9 Biogon 25mm/F2.8 







      L1021738.jpg
      Leica M9 Biogon 25mm/F2.8 






      L1021757.jpg
      Leica M9 Biogon 25mm/F2.8 






      L1021747.jpg
      Leica M9 Biogon 25mm/F2.8 






      L1021789.jpg
      Leica M9 Biogon 25mm/F2.8 






      夏休みの宿題の自由研究をやりたいというので、福島に行ってきた。
      以前見学をさせて頂いたコースとほぼ同じところを廻ってみた。
      あの頃から変わっているのかいないのか、関わりの薄い私には判別がつかない。
      ただ一見した限り、何も変わっていないように見える。
      道路の陥没はほぼ修復されているし、瓦礫の山もなくなっていた。
      以前は通れなかった道も、通れるところが増えている。
      それはそうなんだけど。


      お盆の時期だし、夏休みの時期だからたくさんの人が訪れている思ったが、県外ナンバーをほとんど見かけなかった。前回訪問の時よりも、明らかに少ない。
      東北自動車道は大渋滞なんだけど、浜通りの様子からは想像ができないくらい。
      それがすごく気になった。

      マクロに強くて、手ぶれが強力で、クラッシックな雰囲気の可愛らしいカメラって

      2014.08.06 Wednesday

      0
        自宅用のカメラを久しぶりに購入しました。
        オリンパスのEP-2を発売と同時くらいに買ってずっと使っていたので、何年ぶりでしょうか。

        自宅用と行っても、ほとんど妻の作品撮影用。マクロレンズを使った撮影が多く、ZD50mm /F2がほとんど常用レンズとなっています。
        E-P2にフォーサーズアダプタを噛ませて使っているわけです。
        妻ににとってはZD50mmが神レンズで、「これが使えなくなるのは困る。もしくはこれと同等のレンズを使いたい」と。

        うちの妻は、室内の薄暗い中で手持ちで平気で撮影とかしてしまう人なので、手ぶれ補正がないときっと困ると思います。できるなら、強力な手ぶて補正が。。。

        それからデザイン。いわゆる三角ペンタのある一眼レフタイプのカメラはバツ。おじさん臭いから、と言うことらしい。

        私としては、パナのGM、GX-7、フジのX-E2、X-T1あたりが欲しいなあなんて思っていたのですが、フジもパナも手ぶれ補正機能はレンズ補正です。出来の良いマクロレンズで手ぶれ補正がついている物となると、一気に選択肢がなくなります。

        PENのE-PL5あたりでお茶を濁すというのが一番いいかなと思っていたのですが、E-PL6はいいけど、E-PL5は嫌らしい。理由はわかりません。E-PL5はすごく安くなっているし、E-PL6と性能はほとんど同じ。

        ネットを見ていたら、モデル末期でフォトキナでついに新製品もしくはディスコンになると噂の「E-P5ボディのみ」が、E-PL6レンズキットなみの格安価格で転がっていました。
        E-P5は5軸手ぶれ補正。デザインはどうなのか聞いてみると「E-PL6より好き。シルバーモデルがいい。昔のカメラっぽい。」と。昔のカメラっぽいのとおじさん臭いのとの微妙な違いを感じ取れるほど、私はセンスの確かな人間ではないのですが<^^;、とにかくそういうことらしい。「それにWi-Fiついているから、スマホに飛ばせて便利」と。へ〜よく知っていたなそんなこと。っていうか、やっぱりそういう機能が機種選択の主要因になるんだな、と勉強。
        E-P5か、、、CMOSはE-PL6と同じだから基本的に撮れる画は同じなんだけど、、、1/8000シャッターはいつかあって良かったと思う日があるかな、、、、5軸手ぶれ補正はかなり強力らしいし、、、、液晶モニタも高精細になっているか。。。ZD50mmが使えるしな。

        ちょっと時代遅れって言う気もするし、今話題のカメラでもないんだけれど、我が家に必用なスペックという視点から見ると、アリかな、と言うことで、、、、我が家に遅ればせながら、発売後1年経ったE-P5がやってきました。
        たまには、使わせてもらおうと思います。

        果たしてこのカメラが、タイトルにふさわしいカメラであるか、、、異論がある方もたくさんいらっしゃるでしょうけれど、まあ、そんな目くじら立てずに行きましょう<^^>。



        Leica M9 Biogon 25mm/F2.8




        ところで、夏休みまで、あと3週間。
        頑張れるか。。。





        二人の巨匠

        2014.05.31 Saturday

        0
          L1020857.jpg
          Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







          今日は、「桑原甲子雄の写真」展を見に世田谷美術館へ。
          戦前から戦後、そして80年代に至るまでの東京をスナップ。
          やはり戦前から戦後にかけてのスナップが素晴らしい。
          スナップの中心には必ず人が映り込んでいて、アラーキーの東京スナップと重なる。

          そのまま品川に移り、キヤノンギャラリーSで鬼海弘雄さんの「INDIA1982-2011」観た。
          今日は、鬼海さん本人によるギャラリートークがあり、約90分ほど作品の解説及び写真に対する彼の考え=哲学を生で聞くことができた。
          なぜ写真を撮るか。どうやって、何を撮るか。彼のエッセンスがたっぷりと詰まった、濃密な90分であった。話を聞きながら、学生時代に指導していただいた教授達の言葉を思い出し、まるで学生時代にタイムスリップしたような錯覚に陥った。

          桑原氏の写真と合わせ、今日は時間性と身体性という、古くて新しい概念について改めて考えさせられた1日であった。

          どちらも会期がまだ残っています。お薦めです。

          ところで、鬼海さんのプリントは、全てモノクロ。一枚足りと、潰れたり飛んだりしたプリントがない。


          すれ違い

          2013.11.25 Monday

          0
            L1017780.jpg
            Leica M9 Biogon 25mm/F2.8






            今日、目を三角にしてすごい剣幕で怒っている人を見た。










            ジョセフ・クーデルカ

            2013.11.24 Sunday

            0
              L1017727.jpg
              Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







              東京国立近代美術館にジョセフ・クーデルカ展を見に行ってきました。
              何年か前に東京都写真美術館でのプラハの春のドキュメント「侵攻」を見逃していたので、まとまった作品を見るのは初めでした。
              「侵攻」のシリーズは点数は少ないながらも、やっぱりすごい。
              でも、今回は何と言っても「ジプシーズ」のシリーズがすごかったです。
              ほとんどが25mmレンズで撮られたそうですが、かなり見応えがありました。
              プリントも大変美しい。3回も繰り返してみてしまいました。
              あれは一見の価値ありです。

              個人的には25mmレンズの使い方やトリミングの仕方など、参考になることもたくさんあり満足度が高かったです。


              Good Bye Summer

              2013.09.18 Wednesday

              0
                Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







                過ぎてみると寂しくなるのも、毎年のことか。

                西表島 マングローブの川(浦内川)

                2013.09.03 Tuesday

                0
                  L1015792.jpg
                  Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







                  L1015808.jpg
                  Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







                  マングローブの森を流れる川を、高速ボートで遡上していきます。
                  私的に、(早くも)今回の旅のハイライトの一つ。
                  台風が発生し影響を受けそうだったので、予定を早めて西表島に来たのでした。





                  L1015807.jpg
                  Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







                  L1015775.jpg
                  Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







                  「地獄の黙示録」でボートで上流に向かうシーンが頭によぎります。





                  L1015757.jpg
                  Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







                  L1015758.jpg
                  Leica M9 Biogon 25mm/F2.8





                  こんな平和なボートですが。





                  30分ほどボートに乗り、そのあと片道45分のトレッキングで森の中の滝を目指します。











                  島へ

                  2013.09.03 Tuesday

                  0
                    L1015738.jpg
                    Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







                    西表島へ

                    車窓から 石垣島1

                    2013.09.02 Monday

                    0
                      L1015574.jpg
                      Leica M9 Biogon 25mm/F2.8








                      L1015591.jpg
                      Leica M9 Biogon 25mm/F2.8





                      ネコが横切る





                      L1015608.jpg
                      Leica M9 Biogon 25mm/F2.8







                      石垣に来ると、沖縄本島が都会に感じられる。
                      すぐそこが台湾。日本の端っこ。