玄光社から突然・・・ライカ通信スペシャルも!

2015.02.19 Thursday

0
    玄光社さんから、突然マニアックな本が発売です。

    『ツァイス&フォクトレンダーの作り方』
    え?何?なんで今この本が出るの?
    なかなか内容が濃いです。立ち読みでは読み切れない感じ。

    『レンズの時間』
    カタログ的な本ですが、取り合えられているレンズがなかなかにマニアックで、マウントアダプターで様々なレンズを楽しみたいという人達を狙った感じ。
    実写作例が豊富で、これまたなかなか良いです。

    それからまたまた懐かしの
    『ライカ通信』の特別版でしょうか? 『ライカ通信スペシャル』という本まで。

    なんか怒濤のクラカメ関係のムック本ラッシュですね。
    最近、あまり買いたいと思うカメラ雑誌がなかったので、嬉しいなあ。







    クリスマスの夜には・・・

    2013.12.22 Sunday

    0
      サンタさんから何をもらおうか・・・と雑誌や写真を眺めながらすごそうか<^^;
      何も来ないけど(笑)。





      港 千尋『パリを歩く』 Paris番外編 2

      2012.01.17 Tuesday

      0
        港 千尋
        エヌティティ出版
        ¥ 2,520

        今回の旅行にあたって、事前準備として読んだ本があります。
        港 千尋さんの『パリを歩く』という本でした。港さんは写真家でもあり批評家でもあるのですが、この本は特に写真にまつわる本というわけではありません。どういう本?と聞かれると、非常に説明が難しいです。今まで、こういうたぐいの本をあまり読んだことがありません。
        パリを題材とした映画や、歴史的な出来事と、その舞台となった広場や通りにまつわるエピソードというか『あれこれ』を語っている本、とでもいいましょうか。何とも説明がしづらいのです。
        しかし、パリという町のイメージを創るのにとっても役立ちました。ガイドブックでは得ることのできない、何というか、、、パリの背景みたいなものをイメージができたように思います。ああ、この通りに行ってみたいなとか、この町の周辺を歩いてみたいなとか、そういう感覚だけを持って行ったのですが。(とは言え、読了したのは行きの飛行機の中ですけれど<^^;)
        とにかく、この本に出会えたことは、今回の旅行にとってとても良かったと思っています。






        DELTA400_20120106_013.jpg
        ZEISS IKON Biogon 25mm/F2.8

        1