ライアン・マッギンレー BODY LOUD!

2016.04.16 Saturday

0

    Leica M9 Biogon 25mm/F2.8






    本日より、東京オペラシティアートギャラリーにて、ライアン・マッギンレーの写真展『BODY LOUD!』が始まりました。
    今年注目の写真展です。


    写真展に合わせて、ライアン本人も来日して、いくつかのイベントに出ています。
    今日は先着300名を対象にサイン会が実施されると2日間に告知が出ましたので、開演の1時間前から並んじゃいました<^^;。
    写真展に初日から足を運んだのも、開演前に並んだのも初めてです。開演時には100人くらいが並んでいたでしょうか。

    お目にかかって感じたのは、ものすごく繊細でものすごく優しい人、という印象です。
    もちろんあれだけのスタッフと大きなプロジェクトをおしすすめていく人ですからものすごく力強いものが芯にはあると思うのですが。
    気さくに話しかけてくれて、一緒に写真を撮ったり、握手をしたりとサービス精神も旺盛な人でした。
    私もしっかり、サインを頂いてきました。

    サインはこちら↓

     

    奈良原一高 王国

    2014.12.20 Saturday

    0
      東京国立近代美術館で始まった、奈良原一高さんの写真展『王国』を見てきました。
      キュレーターが、「写真集で編集された順番をほとんど変えることができなかったというほどに完成された構成」と言っているそうですが、まさに展示の一枚目からグイグイとその世界に引き込まれる構成です。
      いやいや、圧倒的に素晴らしい作品でした。
      既に名作中の名作シリーズで有名なわけですが、オリジナルプリントで最初から最後まで通してみられる大変貴重な機会です。
      東京国立近代美術館がニコンから寄贈されて所有している自前の作品のためか、入場料430円と破格での開催。
      お薦めの写真展です。

      東京都国立近代美術館
      2014/11/18ー2015/3/1








      昨日はロールズロイスに乗って帰ってきました。遠くに見えるのは富士山です。
      外国人観光客が、盛んに写真を撮っていました。











      XperiaZ3


      写真展のお知らせ

      2014.10.03 Friday

      0



        埼玉県朝霞市にある、cafe urarakaさんで写真展を開いて頂けることになりました。
        cafeのマスターにたまたま写真をご覧に入れたら、店内で飾ってみないかとお誘いをいただき、実現しました。
        パリで撮影した写真を30点ほど、展示予定です。
        お近くにいらっしゃることがありましたら、ぜひお運び下さい。

        会期:2014年11月11日(火)〜11月29日(土)
        場所:cafe uraraka
                埼玉県朝霞市溝沼493-1 金山ビル1F TEL:048-485-9567
           open 11:00-19:00 ラストオーダー 18:30 定休日:月曜、第1,3,5日曜日
           東武東上線 朝霞台駅 もしくは 武蔵野線 北朝霞駅 から 徒歩8分。
           駐車場は2台分だけあります。

        こだわりのドリップ珈琲(お薦めは「ビターブレンド」とその都度変わる「今月の珈琲」)、全て手作りのカレー、チーズケーキ、パンプキンプディングなど、カフェメニューも納得の美味しさです。
        お待ちしております。




        写真展 木村朗子 i - croatian blue -

        2014.04.30 Wednesday

        0
          私の学生時代の友人が、東京の代官山で写真展を開催しています。

          2014年4月25日(金)- 5月7日(水) (5月1日・木曜日はお休みです)
          木村朗子写真展 i - croatian blue - 
          Gallery Speak For ( 東京都渋谷区猿楽町・代官山駅から徒歩2分)
          開館時間:11:00-19:00 無料

          代官山駅からすぐ近くで、周辺にはオシャレなカフェやレストラン、雑貨屋さんがたくさん。話題の蔦屋書店も歩いて1分です。
          お散歩がてら、お出かけ下さい。
          このところにわかに注目の集まるクロアチアの写真を中心に、何気なくも何気なくない写真たちです。目の前に立つと、こころが穏やかに静まる、不思議な写真です。





          遭遇

          2013.05.11 Saturday

          0
            本日、会社帰りにギャラリーバウハウスにてロバート・フランク写真展を観てきた。
            「田中長徳 ロバート・フランクとビオゴンを語る 」と称したギャラリートークが行われるとのことで、そちらにも参加。
            「フランクの視神経の哲学、それをサポートしたレンズの形而上学に肉薄する夕べです。アナログ画像とデジタル画像の位相関係のジャングルにも踏み込みます。「アンダーパーフォレーションエフェクツ」に関しては「世界で最初」にそのことが語られる夕べになります。」という触れ込みで2000円。迷ったのだが、足を運んでみた。


            収穫といえば、会場には著名な写真家が数名顔を出されていて、そういった方に遭遇できたことか。巨匠が横にお座りになったときは驚いた。カメラマガジンでおなじみの加納満氏も。



            AQUOS PHONE ZETA SH-02E


            藤原新也 写真展『夢つづれ』

            2013.04.01 Monday

            0
              会場は小さく、展示点数も少ないですが、藤原新也さんの写真展をやっています。

              注目すべきは、すべての作品がポジフィルムからインターネガを起こし、銀塩プリントした作品であるという所です。ビンテージプリントではなく、今回の写真展のために焼いたのだそうです。
              作品は小さいですが、ものすごい「なまめかしさ」でした。

              もう、インターネガを焼いて銀塩プリントをしてくれるラボは壊滅状態で、藤原氏自身も最後の銀塩プリントでの展示になるだろうとのことです。


              代々木です。駅から歩いて1分。無料です。



              Mesh DAIDO MORIYAMA

              2012.11.05 Monday

              0
                 







                新宿のGUCCIにて開催されている森山大道さんの写真展『Mesh』にて同時開催されている、スペシャルワークショップに参加してきました。

                会場にて、森山大道さんの5作品の中から1枚を選び、自分でシルクスクリーンのA3プリントを体験できるというものです。作成したプリントは、持ち帰ることができます。
                8000円の参加費(IMA年間購読申込者は6000円)ではちょっと高いかなと思いましたが、作品を持ち帰れるというのはなかなか無いことなので、申し込んでみました。

                会場にて、プリントする用紙を3種類から選び、更にその用紙にどの作品をプリントするかをセレクトします。
                唇、網タイツ、花など、森山さんおなじみのモチーフからの選択でした。
                ギリギリ、家にも飾れる森山作品(笑)ということで、わたしは花のモチーフを選びました。

                今回は誕生日のプレゼントということで、妻が参加費用を負担してくれました。感謝でございます。









                ジャンル−・シーフ写真展 Unseen & Best works

                2010.03.26 Friday

                0

                  Leica M3 Summaron 3.5cm/F3.5  RETRO 100






                  明日から東京都写真美術館で『ジャンル−・シーフ写真展 Unseen & Best worksが始まります。これは是非見に行きたいです。

                  一昨日は日帰りで沖縄へ。始発便で行って、最終便で帰る。沖縄そばさえ食べられない。貧乏暇無しの典型。
                  沖縄は春を通り越して初夏の勢い。26度くらい?暑くて汗が出て、半袖になりたいくらい。羽田に着くと気温は5度。寒い寒い。


                  注目の写真展

                  2009.11.13 Friday

                  0
                    OLYMPUS E-410、ZD14-54mm/F2.8-3.5





                    秋も深まりっていうか、いよいよ冬がそこまで来ている感じの埼玉です。もうとっくに冬ですってところもあるかと思いますが。。。。

                    久しぶりに注目の写真展など、、、、

                    東京都写真美術館でセバスチャン・サルガド展が開催されています。約100点あまりを展示。テーマはアフリカだそうです。12月13日までです。

                    同じく東京都写真美術館で『木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン展』が開催されます。11月28日(土)から2月7日(土)まで。二人合わせて150点の展示だそうです。

                    東京都写真美術館は、けっこうコテコテな展示が続きますね。11/7〜11/29まで『写真新世紀東京展』も開催しているので、11/27(土),28(日)に行けば三つ一緒に見られますよ。

                    渋谷のギャラリー・ルデコ3Fでは魚返一真さんの個展『フルーツスカウト』が11月17日(火)〜11月22日(日)まで開催されます。独特の世界観でポートレート作品を発表し続けている写真家さんです。見る価値あると思います。

                    稲越功一 『心の眼』 東京都写真美術館

                    2009.09.12 Saturday

                    0
                      今日は久し振りに東京都写真美術館へ行ってきました。
                      今はちょうど、
                      『稲越功一 心の眼』展
                      『旅 異郷へ 〜写真家たちのセンチメンタル・ジャーニー』展
                      『北島敬三 1975-1991コザ/東京/ニューヨーク/東欧/ソ連』展
                      の3本を同時開催中です。
                      3つともほとんど銀塩&モノクロ作品で、その世界にどっぷりと浸かれます。
                      3つとも見てきました。疲れました(笑)。
                      疲れるので、見たいものから先に見るのがおすすめ。後半はぐったりします。

                      個人的な感想ですが、
                      稲越功一さんがBEST。特に最初期の「Maybe,maybe」からの作品は素晴らしかったです。プリントも素晴らしい。必見ですね。
                      『旅 異郷へ」は荒木 経惟、秋山 亮二、森山 大道、柳沢 信、須田 一政、内藤 正敏、北井 一夫、牛腸 茂雄、土田 ヒロミという豪華顔ぶれでしたが、一人一人の作品が10〜20点程度で、逆にちょっと物足りない感じも。
                      北島敬三さんの展示は、、、、、私の趣味に合いませんでした<^^;

                      秋空の下、モノクロにどっぷり浸るのもなかなかよろしいかと。