20110312 7:00

2011.03.21 Monday

0
     
    CONTAX T2  ELITE CHROME

    震災の翌日。長女の10歳の誕生日の朝。
    ポジフィルムの現像は物流等諸事情により、当面厳しいとキタムラの店員が言っていた。
    今、T2とIKONにポジが入っているが、その現像はいつになるだろうか。




    今日は、書きにくいことを書きます。
    気を悪くする方がいるかもしれません。ご容赦下さい。

    いたずらに不安を煽るつもりも、「風評」や「うわさ」「デモ」をまき散らすつもりもありません。しかしマスメディアで、原発関連、放射能関連の報道が極端に減っています。
    震災直後、あれだけテレビに出ていた学者連中もどこへ行ったのか、姿を現さない。
    「直ちに健康に影響が出るレベルではない」「食品の安全に関する放射能汚染の基準値を現実的な値に修正した方がよい」と、なし崩し的に「原発は安全」で「最高水準の安全基準」を謳っていた国や電力会社に寄り添うように、マスコミがおかしなことを言い出した。

    これはおかしいと思う。
    「おかしくない」「国民を混乱させないため」「被災者を必要以上に不安に陥れないため」であるはずだと理性が気持ちを抑えている。しかし、何というか、匂い、感性、五感の部分で注意信号がどんどん大きくなっている。

    実際には「直ちに深刻な影響はない」のかもしれないが、本当のことを知らされているのだろうか??という疑念が、どんどんと・・・。

    参考になるサイトがあります。こちらです。
    自分のこと、家族のこと、地域のこと、将来の日本のことを、自分自身で判断し行動するために、一読してみる価値はあると思います。








    関連する記事
    コメント
    そうよ。今朝のTBSのニュースで放射線量を飛行機でニューヨーク往復した量だとか・・的外れの事言ってましたが・・ずーっと被爆し続けると大変な量になるぞ・・と私は思いました。はっきり言って危ないと思います。
    • by 詠伊順
    • 2011/03/22 5:58 PM
    なにが正しくてなにが間違いなのか自ら判断しなければなりません
    ただ避難したくても出来ない方も大勢いらっしゃると思います

    もし浜岡でなにかあった場合、僕も避難したいですがお客さんのトコが営業していたりしたら避難したくても出来ないでしょうね
    家族だけ浜松の実家へ身を寄せて僕は残るって形になるでしょうか
    こんばんは
    何かオカシイ・・と思っています
    汚染された空気、水、食料全ての・・と考え出すと
    これからの日本を担う方々だけでも何とか安全な
    方法を国はもっと真剣に考えて欲しいものです


    • by furako
    • 2011/03/22 9:19 PM
    詠伊順さん、パチーリさん、furakoさん、こんばんは。
    難しい話題にコメントを頂き、ありがとうございます。また、申しわけございません。

    私自身、原子力発電の恩恵を相当に受けて今までの生活を送っていたわけですから、万が一何かあっても、結局は自業自得と思っています。我先にこの地を離れて避難するというようなことも全く考えていません。
    ただ、最低限のこととして、正しい知識と情報を得ていたいと思います。それがとても難しいことはわかるのですが。

    明日からまた家族を置いて出張です。心配ですが、そういう仕事を選んでしまったのだから引き受けるしかないです。

    重たい話しにお付き合い頂き、気が引けます。
    • by NeoN
    • 2011/03/22 10:34 PM
    おはようございます。
    同じようなことを私も思っています。
    もともと原子力には断固反対です。
    勝手に知らない間に拵えられた被害者だとも思っています。
    しかし、原子の時代に恩恵を受けた年代であるのは確かだという自覚はあります。
    でも、だから、問答無用にこれからは止めるべきです。

    もし、その途中にまた大きな事故が近くで起きたら…
    40を超えた人間は最も影響が少ないらしいし、余生も少ないから、最後に逃れるということになるでしょうね。
    そうすることが、間接的には原子の恩恵による産物でもある素晴らしいカメラたちへの恩返しにもなろうかと。

    武田氏のサイトは私も日々参考の一つとしております。
    ただ、数値よりも先に、おっしゃるような感覚を個々が取り戻す必要もあろうかと思っています。
    NeoN様、サイトのご紹介ありがとうございます。
    正直実態はわかりませんが、いつの時代も大本営発表は割り引く必要があろうかと思います。それにしても、学者・専門家連中は多かれ少なかれ国に足を向けては仕事にならないからでしょうか、だれも論争を正面から切り出す人がいないですね。(私が知らないだけかもしれませんが)。
     とはいえかかる環境で原発の現場で対応くださっている方々には感謝の至りです。私なりにできることをと考えるばかりです。
    • by gengen
    • 2011/03/23 10:24 PM
    NeoNさん、こんにちは。
    昨日、避難先の大阪より戻って参りました。
    あちらでもテレビで被災地や原発の情報がたくさん流れていますが、何かが違います。違うのは私の感じ方なのかもしれませんが、温度差はあるのは確かです。毎日が、普通の日々なのです。
    しかし、東京での生活はやはり「普通の日々」が過ごしにくくなっております。でも私の生活の拠点はここなのです。うまく色んなストレスと過ごしていかなければなりません。一番心配なのは子供です。(変な文章ですみません)

    (武田氏のサイト、興味深く読ませて頂いております。ちょうど大阪にいる時、武田氏の出ている番組を見ました。「原子力安全・保安院」のことなどを語っておられ、現在テレビでよく見る原発の専門家たちとは違った見解で注目しておりました)
    事故が起き、状況が悪化するにしたがって、麻痺したかのように「単位」が踊っています。キャスターが専門家のような、専門家がキャスターのような物言いをしています。番組も元のように戻りつつあります。ちょっと異様ですね。
    メディアを通して伝えられる情報は、基本的には操作されたものだと思います。その加減が許容できるものかどうかは、受け取る側が精査する必要が、、、いや、踊らされないよう、疑ってかかるだけでいいと思います。

    個人的には、未だ今後の建設的プランが提示されないまま(各方面の打算が介入する隙ができる)日常化されようとしている感触があって、それがちょっと気持ち悪いのです。
    • by M2
    • 2011/03/24 9:17 PM
    yy2828yyさん、gengenさん、SHU_MOMOさん、M2さん、こんばんは。

    難しい話題にコメント頂き、感謝です。
    あまりにも辛い状況を目の前にすると、言いたいこと、聞きたいこと、見たいこと、感じたいこと、そういう当たり前のことがとても難しくなるということを痛切に感じるこの2週間です。そして、この震災が地震と原子力事故という2つの別の問題として起ち上がってきた1週間だったと思います。

    本当は見なくてはいけないこと、感じなくてはいけないことを放棄していたことの「つけ」が回ってきたのかもしれません。石原慎太郎に言われる筋合いはないですが、自分自身への問いとしてふりかえざるをえません。

    • by NeoN
    • 2011/03/25 12:17 AM
    こんにちは。
    依然として報道ははっきりしません。自分で調べて自分で判断しないといけないようです。
    原発の情報はWatchしております。
    http://arata.tv/aratatv/fukushima/
    送っていただいたフィルムでまだ写真を撮る心の余裕が生まれていませんが,必ず撮りますよっ!
    • by arata
    • 2011/03/25 7:06 PM
    arataさん、こんばんは。

    心の余裕が必要ですよね〜。
    体調を崩している友人、社員が多くいます。
    強引に「普通の生活」に戻すよう心がけています。心がけている、という時点で「普通」ではないんですが<^^;
    • by NeoN
    • 2011/03/26 12:42 AM
    コメントする