The BEATLES in TOKYO 1966

2006.09.16 Saturday

0
    なかなか満足に写真を撮りに行けないので、またまたお気に入りのご紹介です。



    今年はビートルズの日本来日40周年にです。銀座ソニービルも同じく開館40周年といういことで、この夏、銀座ソニービルにて「浅井愼平写真展 The BEATLES in TOKYO 1966」が開催されていました。そして限定復刻2000部のみ販売されていたのがこの写真集です。



    ビートルズ来日時の唯一の日本人公式カメラマンとして浅井愼平氏が選ばれ、来日から離日までをドキュメントしています。当時無名で駆け出しのカメラマンであった彼がなぜ公式カメラマンに選ばれたのかは未だに謎だそうですが、その作品のクオリティで一気に一流カメラマンの仲間入りをしたという逸話が残っています。

    私、見逃しました。この写真展をやっていることに気づいたのは、会期が終わった3日後でした。ショックでしたが、何とか写真集だけでも手に入らないかとソニービルに問い合わせたところ、とっくに限定数完売とのこと。あきらめきれずにしばらく探していたのですが、ひょんなことから譲っていただけることになり、先日ついに手に入れることができました。

    この写真集、すごくいいです。彼らの脱ぎ捨てたバスローブとか、飲みかけのコーヒーカップとか、ルームサービスで取り寄せた食事の写真とかが、ビートルズのスナップの間にちりばめられています。あのビートルズを目の前にして、よくこんな写真を撮っていたなということに驚きました。そういった日常の一片が彼らの生活の一部を象徴しているかのようで、普段着のビートルズがよく伝わってくるのです。センスのよい写真集とはこうやって作るのかなという見本のように思えます。
    機会があったらぜひ目を通してみてください。

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL