どうしてここでシャッターを押したのか?

2012.02.14 Tuesday

0
    HP5_20120205_010.jpg





    HP5_20120205_001.jpg





    HP5_20120205_002.jpg





    HP5_20120205_006.jpg





    HP5_20120205_009.jpg





    HP5_20120205_023.jpg







    フィルムというのは36枚という制限があるところがおもしろいのだが、36枚の中にはまあまあみられる写真3枚。ボケ、ぶれ、没写真20枚。意味不明な写真が13枚。私の場合、だいたいこんなところだ(笑)。
    今日は、意味不明な写真。どうしてこの構図?どうしてこのタイミング?
    どうしてシャッターを押してしまったんだろう。シャッターを押した直後はきっと「撮ったどー」と興奮していたはず。
    わかりませぬ。人生の不思議。

    関連する記事
    コメント
    分かります、その不思議^^;

    これは!と思ったけど実際のあがりはイマイチだったり、こんなの撮ったっけ?と意外によく写ってたり
    撮っている時間、現像&プリントしている時間、受け取る時間、それぞれみんな違うからこそ味わえるんですよね。

    • by みず
    • 2012/02/14 11:00 PM
    こんにちは。フィルム1本にまあまあ満足できるカットが3つあったら、私の場合は大成功です!(^^;
    でも確かに「どうしてこれを・・・」ってのはありがちですね。私の場合はデジタルが多いので、よけいに気軽に写してしまい損なカットが多くなります。66のようにフィルムの枚数を気にしながら写したほうが良いのかもしれません。
    • by 川越
    • 2012/02/15 9:45 AM
    NeoNさん、こんばんは。
    1枚目はこんなぼくでも撮りたくなるシーンです。
    大きめな風鈴ですが、短冊の代わりに骸骨の団扇とは面白過ぎです。^^
    4枚目はシューズケースでしょうか? その積まれ方がなかなか楽しそうです。
    5枚目は純粋な写真表現。
    6枚目は..... トリミングされた理由まではなかなかに想像が及びません。
    キャプションとともにたくさん楽しませていただきました。^^
    一枚目、興味深いです。
    難しい被写体なんですが。。
    みずさん、こんばんは。

    現像してセレクトすることに、撮影と同等の体験としてとらえる写真家は多いですね。撮影してから1年くらい寝かせてから現像し、再度新鮮な目で写真をセレクトするという写真家もいました。
    • by NeoN
    • 2012/02/16 12:46 AM
    川越さん、こんばんは。

    すいません、嘘ついていました。私も1枚あれば御の字でございます(笑)。
    デジタルだとあっという間に100枚200枚行っちゃうんですよね。
    • by NeoN
    • 2012/02/16 12:49 AM
    なかまちさん、こんばんは。

    6枚目は、フィルムスキャンしたら、なぜかこの形にスキャンされてきたんですよ。おそらく、下の方は黒くつぶれていたのか、最後のコマで切れてしまっていたのか。おもしろいのでそのまま載せてしまいました。
    • by NeoN
    • 2012/02/16 12:54 AM
    monopodさん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    もう、どこで撮ったのかも覚えていないのです<^^;。
    • by NeoN
    • 2012/02/16 12:54 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL