Where blue is gone?

2013.07.11 Thursday

0
    pola002.jpg Polaroid 600 spirit    PX680 COLOR PROTECTION






    pola001.jpg
     Polaroid 600 spirit    PX680 COLOR PROTECTION





    普通のカメラ量販店では売っていないimpossibleのポラロイド用フィルム。
    インターネットで取り寄せて、やっと試写ができました。

    1枚目は、青空をバックに、銭湯の煙突と飛行機雲を。
    青空がきれいだったのですが、、、、

    2枚目は、スターバックス店内にてフラッシュ撮影。このカメラは、基本、フラッシュ撮影が前提で、窓や鏡などフラッシュが光ってしまう場合のみ、フラッシュを切って撮影します。

    う〜ん、撮ったその時から30年の時が過ぎたかのよう。。。
    全く言うことを聞いてくれないカメラです。カメラの性能やレンズの味、撮影者の意図などという、どうしようもない近代的自我を放棄し、ただ、天の贈り物を受け取り、受け入れること。「写真よさようなら」の世界かもしれません。

    ただ一つ、、、シャッターを押して、フィルムが「ジジジ〜っ」と吐き出されてくる時の感触は最高です。はっきり言って、M3のシャッターには負けるけれど、M9には圧勝です。
    フィルム排出の気持ちよさを味わうカメラ、、、倒錯的ですな(笑)。








    関連する記事
    コメント
    う〜、確かに1970〜80年代に撮った写真のような・・・。
    「impossible」は安定した画像がなかなか出て来ないなんていう記事を見ていましたが、これほどとは!(私の所有している20年以上前のポラでも、ここまで劣化したような感じはないです)
    一度失われた技術を復活するのは大変なんですね。

    ノスタルジック路線の被写体なら楽しめそう!
    • by shu_momo
    • 2013/07/11 11:06 PM
    2枚目は,言われないと昭和のどこかのキャバレーか?なんて思っちゃいますヽ(´〜`; ォィォィ
    shu_momoさん、こんにちは。

    安定とは無縁ですね(笑)。
    だいたい、撮影してから現像まで30〜40分くらいかかります。昔のポラロイド社が作っていたフィルムと同じ物は、もう作れないのだそうです。あのフィルムはやはり、巨大資本だからこそ達成できる、非常にコストのかかった仕組みだったのだとか。再販品のこのフィルムは、コストを抑えるために色々と犠牲にしているそうです。そもそも、同じ原料はもう手に入らないのだとか。
    フィルムカメラの行く末を前体験しているようで怖いです。
    • by NeoN
    • 2013/07/12 9:38 AM
    Neoribatesさん、こんにちは。

    白いワンピースやペンダントライトが色カブリして、本当にそのように見えますね。
    ポンコツですが、写真の一つの本質を射貫いているかもしれません。。。。なんちゃって(笑)。

    • by NeoN
    • 2013/07/12 9:48 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL