ポラロイド写真 現像過程検証

2013.07.12 Friday

0
    2013-07-12 09.24.14.jpg
    撮影後5分経過





    2013-07-12 09.24.40.jpg
    撮影後15分経過 うっすらと何か見えてきたぞ〜






    2013-07-12 09.34.10.jpg
    撮影後25分経過  おお、いい感じ〜





    2013-07-12 09.41.54.jpg
    撮影後30分経過  あれあれ〜?





    2013-07-12 09.56.47.jpg
    撮影後40分経過。  ガ〜ン。





    関連する記事
    コメント
    40分とは・・・(^^;)
    1分もありゃ十分だったはずですが。
    色も・・・(^^;)
    賞味期限切れ??
    monopodさん、こんばんは。

    40分は、仕様通りです。期限切れではありません。
    かつてのポラロイドフィルムは、凄くコストがかかっていて、技術的にも材料的にも、遠く及ばないレベルなのだそうです。
    もう、あのレベルのフィルムは作れないのだそうです。(原材料も手に入らないし、コストもあわない。)
    撮影後、5分以内に少しでも光が当たるとこんな色になるような情報も有り、今度、遮光しながら撮影というのを試してみます。
    しかしそうなるともはや、苦行です(笑)。
    • by NeoN
    • 2013/07/12 11:57 PM
    う〜ん、当たり前の技術だと思っていたものが
    すでに失われていたのですか!
    寂しすぎる、、、まぁポラもコダックも潰れたもんな。
    潰したのは間違いなく日本のメーカーだし(-。-) ボソッ
    monopodさん、こんばんは。

    そうなんですよ、残念ですが。
    カラーフィルムやポジフィルムも同じような道をたどるのか、、、と心配になります。大手が手を引いたら、やっぱり今のような高性能なフィルムを使うことができなくなるでしょうね。
    フィルムがだめだと、どんなカメラもトイカメラ以下になることを、痛感しました。
    • by NeoN
    • 2013/07/13 8:31 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL