i1Profilerをさっそく試すと

2013.08.10 Saturday

0
    さっそく、スキャナプロファイルを作成し直し、EPSON標準プロファイル(自動補正)と比べてみました。
    今回はポジフィルムからのスキャンです。

    まず、EPSON標準の自動補正による取り込み。
    epson001.jpg





    次に、新しくi1Profilerにて作成したプロファイルでのでの取り込み。
    newicc001.jpg






    エプソン標準ではビルの壁や空の色で赤みがかなり強く出ています。一方新しいプロファイルでは壁が緑に振れています。ライトボックスで見たポジフィルムと比べてみると、新しいプロファイルの方により近い色となっています。カラーバランスは、新しいプロファイルの方が勝っていると思いました。
    しかし、飛行機雲のところを見ると、新しいプロファイルでは完全に露出オーバーで飛んでしまっています。
    そこで、新しいプロファイルを当てて、かつ露出のみ調整して再取り込みをしてみました。それが次の写真です。

    retoch001.jpg





    最初からこれくらいで取り込んでくれれば嬉しいのですが、他の写真を見ても一律に露出オーバー気味なので、どうもこのプロファイルを使うとそうなってしまうようです。
    EPSON標準で取り込んでカラーバランスを整えるのと、スキャン時に露出調整をするのとどっちが面倒かといえば、圧倒的にカラーバランス調整ですので、今後は、新しいプロファイルを使って取り込みをしていきたいと思います。

    以前のバンドルソフトであるEZcolorよりも確実に性能が上がっていますね。プリンタプロファイルやモニタプロファイルを作成する機能は削除されていますが、それは他のソフトを使えばいいので問題ありません。今回は大変嬉しいプレゼントでした。EPSONさん、ありがとう〜。

    http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/


    コメント
    実はとてもこの手のことが苦手で、どうやっていいのかわかっていないのです。
    勉強しなくちゃいけませんね。
    • by minton
    • 2013/08/11 1:44 AM
    mintonさん、おはようございます。

    この手のことは真剣にやってもコンシュマーレベルでは気休め程度にしかならないことも多いのですが、一応基本的なことだけは、と思っています。
    スキャナプロファイルは有効そうなので、活用していきたいと思います。
    • by NeoN
    • 2013/08/12 7:25 AM
    чувствительный вебсайт <a href=http://rgups23.ru/>Купить свидетельство, диплом курсов экономистов Нижний Новгород</a>
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL