CP+ 2014

2014.02.16 Sunday

0
    最終日、ちょっとだけ滑り込みました。


    L1018592.jpg







    今回は、時間がなかったので2~3社のブースに狙いをつけていきました。
    まずは、FUJIFILM。内田ユキオさんのプレゼンとX-T1のTouch&Tryに。
    内田さんのプレゼンはX-100SとX-Pro1を中心としたプレゼンでしたが、ご本人が事前に自信があると言っていただけあって、40分間飽きさせないプレゼンでした。何よりウソが無い感じと、このカメラ欲しいなって感じられる内容で、その点ではとても秀逸でした。




    L1018605.jpg






    X-T1はちょっと気になるカメラですね。EVF大嫌いの私ですが、広いファインダーを2画面分割で表示できるようになっていて、左側に全景。右側にピント位置の拡大表示という、OVFでは絶対にできないことをやっています。これはアイデアですね。特にマクロ撮影の時などは便利だと思いますね。全体を見ながらピンポイントのピントを確認できるんですからね。
    EVFがいくら良くできたって、OVFの見栄の良さ、レンジファインダーの見栄の良さには負けるわけですが、2画面表示という逆立ちしてもできないアイデアはなかなか粋だと感じました。




    L1018606.jpg







    X-T1のTouch&Tryには60分待ち表示が出ていましたが、実際には20分も待たなくて触れたと思います。で、お目当ての『X-Photographers BOOK 2014』をゲット<^^>。
    これみると、FUJIFILMのカメラ、欲しくなっちゃって困るんですけどね。






    L1018609.jpg







    L1018610.jpg







    DP2のTouch&Tryも行列できていました。触りたかったけど時間がなくて、触っている人を後ろから見ているだけでした。大きすぎるかなと想像していましたが、人が触っているのをみているとそれほど大きくない感じ。持ちやすそうでした。
    ファイルサイズが軽くなった分、動作等も軽くなるんでしょうか?触れなかったのでわかりません。。。。





    L1018617.jpg





    EPSONのブースでは大和田良さんのセミナーを聴きました。
    今回は、内田さんと大和田さんのセミナーを軸に、その間の時間で気になるカメラを触ってくるという作戦です。
    大和田さんは最終的にどの媒体で発表する作品なのか。あるいはどの紙でプリントする作品なのかを決めてから、撮影に入るとのこと。その紙質に合わせた撮影、現像を行うということで、作家目線と素人目線の違いに目から鱗でした。
    EPSONさんのプロセレクションブログで用紙モニターをさせて頂きましたが、確かに紙によって表現できるトーンが全く違っていましたから、作家であればそこにこだわるのは当たり前なんでしょう。


    最後にコシナに寄ってきました。
    レンズを借りて試し撮りができたので、50mm/1.1をお借りして、その場でM9に着けてみました。「近接でのピントはやっぱり心許ない」、「でもこの価格でこの明るさを実現していますから」とブースの担当者さんも言っていましたが、まあ本音でしょうね。そういうところがまじめな会社ですね。
    上の写真は開放で撮っていますが、ピントはギリギリ及第点かな(ピントは、一番右の枝の梅です。)。F2で撮るとばっちりですが、それではこのレンズの意味がないわけで。ノクチもピントは怪しいみたいですから、まあこんなものなのでしょう。やっぱり「欲しい1本」に加えようかな(笑)。
    最近、コシナからMマウントレンズが出なくなってきているので、「今後もよろしく〜」と一言残して帰路につきました。





    関連する記事
    コメント
    NeoNさんも行かれたんですね。
    内田さんのプレゼンは好感が持てましたね。
    dp2qは使ってみたい気持ちはあるものの、今の気持ちでは買わないかな。笑

    で・・・XT1買いました。^^;
    • by M
    • 2014/02/16 10:49 PM
    CP+・・foveonのquattroセンサーがきになります。
    Sd1メリルの後継機・はどうなるか?
    実際、DP2quattro 1台だけで、だいたい撮影できそうです。
    • by 笑休
    • 2014/02/17 12:31 PM
    たしかにOVFに近づけることも大事ですが
    OVFにできないことを実現していくという姿勢こそ
    デジタル時代には必要だと思います。
    まぁ、落ち着いたら1台仕入れます。
     流石ですね、、、私もきっと同じようなスタンドを覗いたと思います。XT1はいいですね、、、富士の本気度が伝わってきます、、、ただ本気度といえばシグマですよシグマ、、、逆説のようになりますが、フォべオンを使ってみて初めて銀塩をスイッチできるかな、、と思いました。同じような感覚、面白さがあるんですよ、、、何故か、、
    Uさんは、元々Fujiよりの方でしたが、、、
    すっかり回し者になってしまって、、、何だか残念です。
    • by swingphoto
    • 2014/02/19 8:24 PM
    Mさん、こんにちは。

    あ〜、やっぱり行きましたか(笑)。
    うらやましい。
    作品、楽しみにしていますよ〜。
    • by NeoN
    • 2014/02/20 12:59 PM
    笑休さん、こんにちは。

    新しいDP、すごいですね。
    面白い製品をよくぞ出してくれました、ってところです。それだけでもシグマに拍手です。
    • by NeoN
    • 2014/02/20 1:00 PM
    monopod さん、こんばんは。

    これでFUJIの手ぶれ補正がセンサー補正だったら最高ななんですけどね。。。妻のマイクロ4/3をXシリーズにに切り替えますよ。
    • by NeoN
    • 2014/02/20 1:01 PM
    レオナルドさん、こんばんは。

    はい、今回、本気度の強いところを巡ってきました。短期間でボディもレンズも揃えてくるフジもすごいし、常に新しいことにチャレンジしているシグマもあっぱれです。
    わたしは、、、、最後のフィルムカメラを物色中です。
    • by NeoN
    • 2014/02/20 1:03 PM
    swingphotoさん、こんにちは。

    写真作家として生きていけるのはほんの一握り。あとは、カメラマンかライター兼業写真家。残念ですが現実ですね。
    でも、ライター兼業写真家の中ではかなりまともかなとおもいます。本当に魂売っている人もいますしね。
    • by NeoN
    • 2014/02/20 1:29 PM
    今年もですが…とてもじゃないけど行けませんでした(汗
    SIGMAのDPは気になるし、フジのX-T1も気になるし、見ると物欲がフツフツと…

    まぁでも、まずは写真を撮るという機会を増やすのが目下の課題ですね。
    あぁ〜フィルムもご無沙汰だなぁ。。。
    • by KUZU
    • 2014/02/20 6:29 PM
    ノクチ、近接開放のピントは怪しいですよ。私は外したくない場合はf1とf1.4の二枚写しています。しかし、シグマ。玄人寄りのdpシリーズなのに新型のこの形、更に一部の選ばれた玄人しか買わないのではないかと危惧しています。
    • by Nobu
    • 2014/02/21 8:11 AM
    欲しいカメラがいくつもあって悩みますね。
    富士もいいなあ。シグマも。
    • by minton
    • 2014/02/21 10:33 PM
    KUZUさん、こんばんは。

    私も時間が取れたときはできるだけ撮影に時間を充てるようにしているのですが、、、最近すこし倦怠期というか、ちょっと新しいフォーマットで気分転換したいという気持ちであります。。。
    • by NeoN
    • 2014/02/23 10:12 PM
    Nobuさん、こんばんは。

    やっぱりそうですか。F1というのはどうしたってそうなるんでしょうかね。
    DPで大きな傷を負わなければ、、、という気持ち、私もです。売れるとは思えないけど、売れて欲しい。もしかしたらかなり価格を上げてくるかもしれないですね。しかしそうなるとSD1の二の舞。。。ニコンとの訴訟のこともありますが、とにかく頑張って欲しいです。
    • by NeoN
    • 2014/02/23 10:15 PM
    mintonさん、こんばんは。

    はい、全く。目移りしますね。
    欲しいカメラは多いのですが、「絶対欲しい。それがないと困る」というのはどうでしょうね。困ることなんてあり得ないので、困ると言い訳してしまうカメラか(笑)。
    • by NeoN
    • 2014/02/23 10:17 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL