Leica T system 新製品発表会

2014.04.27 Sunday

0








    ライカプロフェッショナルストア東京にて行われた、Leica Tシステムの新製品発表会に参加してきました。
    最初にプロダクトマネジメントディレクターのステファン・ダニエルさんのプレゼンテーションがあり、そのあと、写真家の河田一規さん、 藤井智弘による、製品紹介と作例紹介。最後にタッチ&トライで、約2時間の発表会でした。

    で、Tですが、これはライカとしてはジャイアントステップとなる製品ではないでしょうか。
    これまでのライカ製品といろいろな意味で一線を画していると思います。
    カメラというよりも、Gadget。カメラ本体で機械的に操作できるのは、動画ボタン、2つのホイール、電源・シャッターボタンの4つだけ。あとは全てタッチ液晶で操作をします。タッチ液晶部分は、iPhoneそのもの。タップで撮影メニュー、機能の呼び出しと選択、フリック操作で撮影画像の切替、ピンチで画像の縮小・拡大。メニューボタン(アイコン)も、タップ&ドラッグで表示させるメニューを入れ替えたり、並び替えたり。背面は前面液晶画面で、カメラ液晶というより、本当にスマホをいじっているみたい。
    ボディはアルミ削り出して、質感も触感も、MacBookAirそのもの。エッジの効いたデザインで、握りやすく、すべりにくく、かなり良い感触と質感です。
    シャッター音はMよりも格段に小さく、M3のシャッター音を模したような、「チャッ!」という音。
    あらゆる面で、モノとしての質感の高さ、作りの良さを感じさせる製品でした。
    私は、CONTAX T2とiPadのタッチ液晶が一つになった「高級なおもちゃ」をイメージしました。
    これは、売れますよ。もしかしたら、爆発的に。カメラなんて趣味ではないけれど、高級で質の良い、ちょっとこだわりの、ちょっと気の利いたものを持ちたい、アベノミックスで息を吹き返した小金持ちがヨダレを垂らして飛びつくんじゃないでしょうか。T2が爆発的に売れたように。ちょっと頑張れば手に届く価格レンジにこのTを持ってきたライカの戦略は、当たるんじゃないでしょうか。




    僕はこれをいじったとき、ハッキリ言ってどんな写真が撮れるかなんて、二の次だなと思いました。きっとかなりのレベルの写りをするでしょう。新しいデジカメがほとんどそうであるように。でも、このカメラはそんなことは問題では無いんじゃないでしょうか。そんなことを気にするカメラではない。「それは野暮ってもんですよ、旦那」って言われそう。

    モノ系、ファッション系の雑誌で大々的に取り上げられちゃうと思いますよ、このカメラらは。
    日本カメラとか、アサヒカメラとか、そういう雑誌がこのカメラを真面目に研究とかしたらいけません(笑)。それこそ「野暮」ですよ。



    関連する記事
    コメント
    磨きが一番の注目になっているカメラですが、できればもう少しレンズを安くしてほしかったなんて思いました。
    マウントアダプター出るんでしょうか。

    どこか斜に構えてしまいますが、趣味のものは性能対価格だけじゃないという会社もずっと生き続けてほしいです。
    頑張れライカ。
    • by minton
    • 2014/04/27 6:50 PM
    mintonさん、こんばんは。

    そうですね、レンズが高いですね。質感は悪く無かったですが、絞りも距離も未表示で、正直魅力を感じませんでした。よくあるミラーレスレンズと同じで、味気ないですね。少なくとも、あの価格に見合ったものとは思えませんでした。Mマウントレンズをつけるとかっこいいんだよな〜と2人の写真家が言っていました。
    • by NeoN
    • 2014/04/27 8:01 PM
     新しいボディは良さそうですね、、、これは確かに物にこだわりを持つ人に受けそうなデザイン、質感ですね。
     ただレンズはこれを見るとパナのM4/3のレンズがお買得に思えてきます、、最近のは絞りもつけてきてますし、、
     でもNeoNさんにはサブにぴったりではないでしょうか(笑)
    iphon発表時に,ライカのように美しい・・と形容された、
    そのたとえを、形に、アップルのように美しいカメラ、ものとして美しい。
    たしかに写りは、どうでもいいですね、美しいんですから。
    • by 笑休
    • 2014/04/28 11:16 AM
    レオナルドさん、こんばんは。

    レンズが高いですよね。ボディはほとんどをソフトウェア処理するようにしているので、大幅なコストダウンができたのでしょうが、レンズはそうはいかなかったのでしょう。パナのライカブランドの方が良いですよね。絞りも目盛りも何もないレンズは、本当に味気ないですね。
    サブにこんなにお金使えません(笑)。
    • by NeoN
    • 2014/04/28 8:16 PM
    笑休さん、こんばんは。

    仰るとおりです。
    アップルが偉いのは、あの質感、あのクオリティで、しかも安いということでしょう。そうしなければ生き残れないことを知っていて、そこにすごいエネルギーをかけていますね。見事です。
    • by NeoN
    • 2014/04/28 8:18 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL