町から町へ

2015.02.22 Sunday

0
    L1023892.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2






    L1023897.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2






    L1023899.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2






    L1023913.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2






    L1023926.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2






    L1023922.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2






    L1023945.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2






    L1023957.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2






    L1023955.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2








    トンネルを抜けると、山を一つ越えると、また違った季節と町の風景が。

    コメント
    日本は狭いので、建物の形なんて同じようなもんかと思えば、結構個性がありますよね。
    面白いです。
    この場所も数十年後には違った形の建物が建っているのかもしれないですね。
    • by minton
    • 2015/02/22 11:51 PM
    nokton35/1.2、何度も買おうかな?と思っているレンズなのですが、実物を見るとその大きさに萎える自分がいます。(笑)
    今度出るツァイス・ディスタゴンもほぼ同じくらいの大きさなんですね。若干軽いようですが・・・。
    そんなことを考えつつ、この週末はnokton classic35/1.4を持ち出しました。(笑)
    • by M
    • 2015/02/23 2:23 PM
    mintonさん、こんにちは。

    そうですね、日本は狭いけど、山一つ超えると景色が変わる面白さがありますね。新幹線はトンネルばかりで移動の間の楽しみが全くありませんが、在来線はその地域を感じることができていいですね。
    北陸新幹線や長崎新幹線、リニアなどで盛り上がっていますが、私は旅がどんどん面白くなくなり、点と点の間の地方地域は衰退するばかりではないかと心配しています。
    • by NeoN
    • 2015/02/24 10:24 AM
    Mさん、こんにちは。

    そうですか、カタログ上では同じくらいですか?
    私が実際に持ってつけたときには、このノクトンに比べかなりコンパクトに感じました。それはかえって意外です。新しいレンズを目の前に、冷静にいろいろ観察できていなかったかもしれません。
    nokton classic35/1.4こそ、いつかいつかと思っているうちに買いそびれているレンズです<^^;。
    • by NeoN
    • 2015/02/24 10:26 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL