半島へ

2015.02.24 Tuesday

0
    L1023997.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2 









    L1024004.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2 







    L1024009.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2 







    L1024013.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2 







    L1024053.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2 







    L1024049.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2 







    L1024085.jpg
    Leica M9 Voigtlander Nokton 35mm/1.2 








    列車はスーパー北斗。札幌を出て、苫小牧、登別、東室蘭、長万部を経由して、函館へ。
    函館でスーパー白鳥に乗り換え、津軽海峡線を経由して新青森へと向かいました。
    高倉健さんの映画『海峡』に思いを馳せながら、青函トンネルを行きました。

    北海道新幹線は函館をでると小樽を経由して札幌へ向かいます。ほとんどがトンネル区間になるようです。北海道の自然や暮らしを感じながらの旅など期待できないでしょうね。北陸新幹線や長崎新幹線も同じ運命でしょうか。
    始発駅と終着駅だけが繁栄し、その間の地方都市は寂れていく。日帰り客ばかりとなり、地方に落ちる金はむしろ減っていく。というのが今までの新幹線の歴史です。そんなものになぜ躍起になって誘致を進めるのか、私には分かりません。
    トワイライトエキスプレスや北斗星などの長距離列車もなくなります。今後は、九州の七つ星のようなクルーズトレインが長距離列車の主体となるようですが、所詮は自分の営業路線内を廻るだけの贅沢列車で、長い日本列島の自然や風俗の移り変わりを楽しめるような、旅情を楽しむものとは異なるでしょう。
    寂しいです。


    コメント
    採算に合わなければ終わるのは道理なのでしょうが、地方の個性が終わっていくのは寂しいですね。
    地方自体が壊滅的で、生き残れる自治体も少ないですよね。
    • by minton
    • 2015/02/24 8:25 PM
    初めての一人旅は北海道。20年以上も前の話。寝台列車で行きました。
    道内に入った時、内地とはまったく違う景色にわーーーーっと声をあげたものです、、、
    ローカル線も良かった記憶があります。
    なんか残念です。
    • by Junko
    • 2015/02/24 11:04 PM
    mintonさん、こんばんは。

    地方の高齢がが進んでいるといいますが、あと20年したら、本当にどうなってしまうんだろうかと思います。想像がつきません。
    • by NeoN
    • 2015/02/26 10:56 PM
    Junkoさん、こんばんは。

    いろいろ行っていますね〜。私も25年くらい前に北海道はぐるぐると回っていました。キャンプ場、露天風呂、ライダースハウス。そんなキーワードで旅していました。今のようにネットもスマホもなかったので、情報は口コミ主体でした。面白かったなあ。
    • by NeoN
    • 2015/02/26 11:04 PM
    旅先の鉛色の空って、センチメンタルですよねぇ。
    交通機関の高速化で、旅情が薄れつつあるのは仕方ないですか(-_-;)
    monopodさん、こんにちは。

    そうですね、確かに鉛色の空はセンチメンタルですね。
    高速化は別にいいんですけれど、鉄道の場合、高速化=トンネル化なので、車窓からの風景がほぼ無くなってしまうんですよね。リニアなんかはきっと、移動中はモニタ場面をお楽しみ下さいってことになってしまう気がします。旅行が線ではなくて点の移動になってしまうのが残念ですね〜。
    • by NeoN
    • 2015/03/02 9:23 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL