加納満さんのゼラチンシルバープリント

2015.06.28 Sunday

0
    L1026506.jpg
    Leica M9 SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical







    以前にこのブログでも紹介した、ギャラリー冬青での加納満写真展を見た。
    ゼラチンシルバープリントの美しさにため息が出た。
    最近はインクジェットプリントでも遜色のない、あるいはそれ以上の印刷が可能と思っていたが、ことモノクロではやはり全然勝てないな、と思った。
    この日は、ギャラリー冬青の後にエプサイトでの渡辺さとるさんの写真展にも行ったのだが、正直、比べてしまうのが申し訳ないくらいな感じ。エプサイトの展示は、写真集と遜色がないできだった(写真集の出来が驚異的に良いのだろう)。それでも、厚み、深み、質感ではインクジェットプリントは完敗と思わざるを得なかった。
    どちらも作品を販売していたが、同じ値段なら、絶対にゼラチンシルバープリントの方が欲しい。

    モノクロやるならフィルム&紙焼きまでやりたいなあ、と強く思ったが、、、、


    コメント
    展示会を見る機会をなかなか作れないのが良いのか悪いのか(^^
    銀塩モノクロの世界もまた独立して深い闇が口を広げてますよね。
    今のうちに、良いプリントや作品をたくさん見ておく事は大事かなぁと思います。

    インクジェットでも追い込むとかなり、、、そして決してラクなものでもないのは分かっていますが、いざ作品として購入となると、、、なにか引っかかるものはあります。
    • by M2pict
    • 2015/06/28 11:07 PM
    DGSMは、いいですよ。
    少なくとも質感は、かなりよくあがります。
    最近のデジタルプリントは素晴しいですが、モノクロに限ってみると、自分にとってはフィルムのゼラチンシルバープリントには敵わないこともあると感じます。全てがそうだとはいえないし、デジタルでもフィルムのような表現はできるんでしょうけど、あえてそんなことをする人もいないってことなのかなとも思いました。自分もお金を出して買うなら、ゼラチンシルバープリントです。
    • by 川越
    • 2015/06/29 6:25 PM
    未体験の世界ですが、それほどいいんですね。
    勉強になりました。
    • by minton
    • 2015/06/29 10:17 PM
    やりましょう!
    • by Junko
    • 2015/06/29 11:12 PM
    あ〜いいね、青春ってヤツか?

    バイクはSR?

    でも半帽はイカん

    彼女の事考えるなら尚更だ
    M2pict さん、こんばんは。

    わたしもインクジェットもかなりのレベルになったと思っていましたが、やっぱり別物、と考えた方が良いかなと思いました。
    ゼラチンシルバープリントなら何でもいいというわけではないのでしょうけれど。加納さんのプリントのレベルがすごいのだと思います。
    • by NeoN
    • 2015/06/30 12:01 AM
    swingphoto さん、こんばんは。

    はい、その方向性が一番「あり」かなと思います。デジタルと銀塩の良いとこ取りなんだと思います。
    • by NeoN
    • 2015/06/30 12:02 AM
    川越 さん、こんばんは。

    インクジェットでも、こだわる写真家は、プリントの度に本当に微妙に出来が違うので、何枚も何枚も印刷をして、1枚の作品をセレクトするそうです。そういうところにこだわれる、こだわらないといられない人が、本当の作家なんだろうと思いますね。
    • by NeoN
    • 2015/06/30 12:04 AM
    minton さん、こんばんは。
    今回は、たまたまプリントに定評のある作家を続けてみることができたんで、こんな感想になりましたが。。。加納さんのプリントがあまりに良すぎたのかもしれません。
    • by NeoN
    • 2015/06/30 12:10 AM
    Junko さん、こんばんは。

    やりま○○!(笑)
    • by NeoN
    • 2015/06/30 12:11 AM
    AlJeanPacileさん、こんばんは。

    青春ですよ。今まさに、人生のスポットライトが当たっているんですよ。本人たちは気づいていないかもしれないけど。。。
    • by NeoN
    • 2015/06/30 12:13 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL