機内にて

2016.04.03 Sunday

0
    _DSC1228.jpg
    SONY α7s Voigtlander Nokton 50mm/1.1







    _DSC1196.jpg
    SONY α7s Voigtlander Nokton 50mm/1.1







    高感度であろうとも躊躇なく撮影できるのが、今の時代のデジタルカメラですが、、、わかってはいてもやっぱりすごいなと思います。
    今まで撮れなかった場面で撮れるようになる。
    α7sを導入した目的の1つです。


    次の写真は、ほぼ真っ暗な機内で撮影したものです。
    M9では暗すぎて二重像さえ確認できない状態ですが。




     

    SONY α7s ISO 80000
    関連する記事
    コメント
    こんにちは。
    忙しいのに旅行だなんて、羨ましいなー。
    僕なんて休みがありません^^;

    SONY α7sいいですね。

    僕のM9-Pですが、センサーにあの症状がでました。
    ライカに預けてきました、3週間待ちです。
    ドイツ行きで無くて良かったですよ。
    まさにデジタルの成果ですよね.
    M9だったらノイズだらけでどうにも...
    X70も今回の上洛で持って行きましたが,やられました.もちろんボケ味を望んではいけませんが,クロッピング処理の見事さやノイズにはちょっとの時間でこれだけ進化するのかと見せつけられた次第でした.
    まあすごいカメラですね。
    EVFでのピント合わせはやりやすいですか?
    stripe-sさん、こんばんは。

    この忙しいのに、、、職場ではKY発揮しています(笑)。

    センサー障害、ついに出ましたか。
    使い方とか保管状況とかではなく、時期が来るとだいたい出るみたいですね。自覚がなくても、検査をすると交換と言われることは多いようです。もしかすると、ライカは検査したら全て交換としているのかもしれませんよ。早くこの問題を整理してしまいたいでしょうし。
    わたしのセンサーも遅かれ早かれ再入院かなと思います。
    戻るのが楽しみですね。違いが感じられるでしょうかね?
    • by NeoN
    • 2016/04/03 9:26 PM
    Neoribatesさん、こんばんは。

    全くですね。技術の進化とはすごいです。M9が2世代前くらいのカメラに思えてしまいます。
    Mもいずれ同じくらいのレベルに追いつくのだとは思います。レンジファインダーの良さをそのままに、早くそういう体験をしてみたいです。
    暗いところでも平気でSS1/250くらいが切れると、相当面白い写真が撮れそうです。
    • by NeoN
    • 2016/04/03 9:32 PM
    林檎狂 さん、こんばんは。

    ピント合わせが課題かなと思いましたが、絞って撮る時は被写界深度を利用した撮影方法で対応し、絞りを開けて撮るときは、ピント位置拡大を使って撮っています。後者の撮り方だとさすがにすれ違いざまのスナップは難しいです。ただ、ピントのズレが理論的に発生しないので、時間に余裕があって、絶対にピント外したくないときにはすごく便利ですね。
    ファインダーと覗きながらピント拡大で確認できるのも良いです。
    カメラに合わせて撮影スタイルを変えています。
    • by NeoN
    • 2016/04/03 9:36 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL