J RIVER Media Centerを試す

2016.06.12 Sunday

0
    L1029415.jpg
    Leica M9 SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical







    PC周りのオーディを環境をもうちょっと良くしようと悪戦苦闘しています<^^;
    Audirvana Plusの試用期間が終わりそうなので、Mac環境で使えて音質にも定評のあるJ RIVERをインストールしてみました。
    AudirvanaはiTunesの画面とプレイリストをそのまま継承できるので便利だと思っていたのですが、J RIVERもカタログを読み込むだけでMediaの2重持ちはしなくてすみました。
    J RIVERは機能がとても豊富なのと、iTunesよりも情報表示が巧みで、使い勝手がとても良いです。
    私はPCMをアップコンバートして聞いているのですが、音質はAudirvanaの方がちょっとだけ解像感が高いというか、透明感があるような気がしました。
    ただ、PCMをアップコンバートして聞くのは、音楽のジャンルやデータそのものの違いで、ずいぶんと変化があるのだということがようやくわかってきました。要は、得手不得手があるのですね。
    アップコンバートすると解像感や繊細さが増すのと引き替えに、音が痩せるというか、力強さがなくなってしまう曲もあるように思います。
    J RIVERにはPCMデータをリアルタイムにDSD変換して再生する設定があるのを見つけました。
    これを試したところ、私の好みに一番ピッタリする感じです。特にボーカル系、ロック系では解像度が高くかつ音に厚みもあるように感じます。
    しばらくこれを使ってみて、気に入ったら購入しようと思います。

    それにしてもヘッドフォンでじっくり聞いていると、今まで聞こえていなかった音がたくさんあることに驚き、感動しますね。
    BobDylanの「It's All Over Now, Baby Blue」なんて今まで何度も聞いていたのに、左チャンネルの裏の方でギターが録音されているなんて、気づきませんでした。なんで気づかなかったのかというくらい大きな音というか、印象的なフレーズの繰り返しなのですが。
    今までよっぽどちゃんと聞いていなかったのか、スピーカーからの音がいまいちだったのか、PCオーディオがすごいのか。。。。
    新しい発見が多いので、古いアルバムをいろいろと聞き返したくなります。



     
    コメント
    私はMACから、ケンブリッジオーディオというところのD/Aコンバーター、横濱音羽製作所というところのヘッドホンアンプ、GRADO PS1000というヘッドホンとつないでいます。
    ヘッドホンも何個か使いましたが、GRADOに行き着いてからは、こればかり使ってます。
    不満が無いわけでもないんですが。
    J RIVERですか。
    色々有るんですね。
    何事もハマると大変というか、やはり楽しいものかも。
    環境が変わればこれまで見えなかったものが見えたり(聞こえたり)して、新鮮だったりしますね。

    最近音楽関係ではリマスタ音源やリテイクモノを漁ってたりします。
    やはり聴き慣れた曲でも新鮮な驚きがあって、今になってまたこんなに新鮮な気持ちで聴けるのかと。
    • by M2pict
    • 2016/06/12 9:47 PM
    林檎狂さん、こんばんは。

    GRADOってなんだろうってググったら、すごいんですね!あんな値段のヘッドホンがあるんですか。驚きました。
    カメラもオーディオもすごいですね。
    私は細々楽しみます〜(笑)。
    • by NeoN
    • 2016/06/13 12:47 AM
    M2pictさん、こんばんは。

    いや〜、知らないことばかりで、情報収集するにも私の余白がありすぎて面白いです(笑)。ハマりそうです。。。
    私もリマスタものがいつの間にか増えているのですが、正直そんなに音が良くなったと思っていませんでした。ちゃんとした環境がなかっただけなんだなあと反省しています。
    いや、ちゃんとした環境なんていうと、その筋のハイレベルな人達からは鼻で笑われるでしょうけれど。カメラと同じで中古漁りしそうで怖いです。
    • by NeoN
    • 2016/06/13 12:51 AM
    こんばんは
    自分もJRiver使ってます(^^)/
    無圧縮でPCに取り込んでDSD変換して再生というのがルーティーンになっています。
    サンプルのハイレゾ音源なんかを聴くと、DSDの方がアナログ的というか、マスター音源の雰囲気を
    よく表現しているように感じます。
    CDをリッピングしたものはやはりCDの限界があるように思いつつ、なんとなく気分でこの設定に
    落ち着いています(^^;)
    Terumasa さん、こんにちは。

    Terumasa さんもJRiverでしたか。
    機能が豊富で楽しいソフトですね。私の環境(Mac)では、検索文字で日本語入力ができないので困っていますが、それ以外は気に入っています。
    わたしもDSDの方が音に厚みがあるような気がしています。曲によって使い分けるのが一番良いのかもしれないですけれど。
    まだハイレゾデータのダウンロード購入をやったことが無いのですが、そろそろはじめちゃいそうです<^^;
    • by NeoN
    • 2016/06/16 1:55 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL