浴衣

2016.07.22 Friday

0

    L1029564.jpg

    Leica M9 Summicron 35/F2.0 6枚玉

     

     

     

     

     

     

    高校生になった娘が花火大会に浴衣を着ていきたいと。

    母親が着ていた浴衣を引っ張り出すことにしたのだが、着付けができる人がいない。

    結局、田舎からおばあちゃんに来てもらって着せてもらうことに<^^;

    帯の締め方がどうだこうだと、てんやわんや。

     

    で、晴れて浴衣で花火大会となったのだが、よくよく聞いてみると本番は月末の隅田川花火大会で、今日は友達の家の近くの土手で、自分達で買った花火を持ち寄って楽しむのだという。はぁ〜?

     

    まあ、いろんな人の出番があるのが家族の良いところか。それもまた楽しからずや、ということで娘に感謝。

    関連する記事
    コメント
    そろそろ花火大会の季節ですね。こちらでも今晩は花火大会で、地元の人たちも忙しそうに動いています。ところで現代のレンズで写した写真ばかりを見ていると、こういう優しい描写の写真はいいなぁと思います。
    • by 川越
    • 2016/07/23 9:43 AM
    いやあ、いい写真ですね〜!
    いやあ、参りました。素晴らしいです!
    • by なかまち
    • 2016/07/24 2:11 AM
    お嬢さんにとっては、さりげなくもとても大きな着付けイベントでしたね。
    女性同士はそういう共通点で繋がっていきますね。
    • by minton
    • 2016/07/24 10:31 AM
    川越さん、こんにちは。

    間近で花火大会を満喫されたそうですね。
    私の田舎でも、小さな町でしたが花火大会はありました。せいぜい尺玉が最後に上がるくらいでしたが、屋根の上に上がって家族で眺めた記憶があります。
    • by NeoN
    • 2016/07/24 4:17 PM
    なかまちさん、こんにちは。

    ありがとうございます。
    どうとでもない写真ですが、家族の記憶として残しておきたいと思いました。
    • by NeoN
    • 2016/07/24 4:18 PM
    mintonさん、こんにちは。

    そうですね。そうやって継承していってほしいものってありますね。
    他の友達は新しい浴衣を買ってもらっているのに、、、と母親には文句を言っていたそうですが、例え高価なものでなくとも母が着た着物を身につけることの方がよっぽど豊かだということと、いつか感じるときが来るんだろうと思います(いや、はかない期待ですが<^^;)。
    • by NeoN
    • 2016/07/24 4:21 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL