小畑雄嗣『二月 Wintertale』蒼穹舎

2008.03.08 Saturday

0


    昨年の12月20日に発売された、小畑雄嗣さんの写真集『二月 Wintertale』(蒼穹舎)です。
    カメラ月刊誌では数枚が抜き出されて紹介されていました。はっきり言ってそのとき(バラで見せられたとき)には全然感じませんでした。
    先日、たまたま書店で手にとってパラパラめくってみて、ビビッときてしまいました。

    これ、すごくいいです。最近発刊された写真集では、私の中でベストです。

    1枚1枚を吟味してみるのではなく、最初から最後までの流れで見せる写真集だと思います。読みながら、時間が流れているのがわかります。このブログでも紹介した川内倫子さんの『cui cui』とか『AILA』も時間の流れを感じる写真集でしたが、こちらはもう少し短い時間の流れを感じます。
    それから、スケートを滑るシューンシューンという音。雪がしんしんと、結晶がキラキラと、馬がドドドーっと、そういう音も聞こえてきます。
    なんか、五感に響いてくる写真集って、珍しい。

    初版は1000部のみだそうです。写真集はなかなか重版しませんから、手に入れるなら早い方がいいかも。
    Amazonでは取り扱っていないようです。紀伊国屋WEBでは品切れ。
    より詳しい書評はこちらです。
    関連する記事
    コメント
    小畑さんは月刊誌では写真集にたいして謙虚なコメントをしてますね。
    学生時代はOM-1というのに親近感がわきました。^^
    • by NOBU
    • 2008/03/08 11:21 PM
    あ、先に書かれてしまった^^;
    僕もすごくイイナと思ってたんですよ。
    誌面で見たときも、かなりハッとしましたけど、写真集で見たらさらに感じるものがありそう。
    昨日、東京で友人の結婚披露宴があって、午前中の空いた時間に蒼穹舎まで足を運んだんですけど、13時オープンということで開いてなかったんですよね。
    それにしても、よい写真にはちゃんとビビッドな反応がありますね。世の中、まだまだ捨てたもんじゃないな。
    NOBUさん、こんにちは。

    >小畑さんは月刊誌では写真集にたいして謙虚なコメントをしてますね。
    あ、そうでした?見逃しているな。読み返そう<^^;。

    そうですか、学生時代はOM-1ですか。
    OM-1って、今でもけっこう使っているプロもしくはプロ志望の方って多いですね。2でも3でも4でもなくて、1なんですよね。
    • by NeoN
    • 2008/03/09 11:08 AM
    おんどりさん、こんにちは。

    あ、やっぱり引っかかってましたか!
    やはり間違いないな。自信がつきました(笑)。
    ギャラリーまで足を運んでいたとは!(残念でしたね。)

    僕は、誌面ではあまり良いと思えなかったんですよ。でも、写真集ではジーンときました。
    自分が雪国育ちだからでしょうか、何となく郷愁を誘うものもあります。でも、それだけではない、普遍的な何かがあるのではと思います。

    JONI MITCHELLの『BLUE』というアルバムを聴きながら、今、写真集を見てますけど、最高です。
    • by NeoN
    • 2008/03/09 11:17 AM
    こんにちは。
    小畑雄嗣さんの写真展が青山ブックセンターで17日まで開催されていますね。
    時間が有ったら見に行きたいな!
    NeoNさんのコメントに毎回ポチッしちゃいそうです(^^
    isao_isaoさん、こんばんは。

    >小畑雄嗣さんの写真展が青山ブックセンターで17日まで開催されていますね。
    あ、そうなんですか。オリジナルプリントで見てみたいなあ。17日までですか。。。来週は忙しいので難しいかもです。

    isaoさん、ぜひ見に行って下さい。感想聞いてみたいです。
    • by NeoN
    • 2008/03/10 1:19 AM
    コメントする