広島 HIROSHIMA

2008.12.02 Tuesday

0

    広島へ出張がありました。
    広島に初上陸。
    HIROSHIMAは緊張します。
    日本人として、一度は訪れなくてはいけないところのような気がしていて、ずっと気になっていたのです。

    仕事が終わったのが夜の7時過ぎ。もう日も落ちて真っ暗でしたが、平和記念公園へ足を伸ばしました。



    OLYMPUS E-410、ZD ED14-42/3.5-5.6






    OLYMPUS E-410、ZD ED14-42/3.5-5.6







    OLYMPUS E-410、ZD ED14-42/3.5-5.6






    OLYMPUS E-410、ZD ED14-42/3.5-5.6





    お参りをすることができて良かったです。
    短い時間の間にも、多くの方が手を合わせていらっしゃいました。

    コメント
    こんばんは。
    広島に行ってらっしゃったんですね。
    ちょっとなつかしくもあり、とても親近感を感じます。
    日本人として、なんて私がいうことではないですが、何かを考えなくては行けない場所のような気がしますね。...軽くいえることではないですが...。
    • by atsu
    • 2008/12/03 12:18 AM
    こんばんは。
    たしかに日本人なら一度は行かなくては、、いや行くべき場所だと思います。
    しかし…広島へは仕事で何回も行っているのですが、重くて訪れることができなかったです。駄目な日本人です(-.-)
    私も今年何十年振りに原爆ドームに行きましてた。
    現地に行くといろいろ考えさせられるので、被写体として捉えるのは難しいと感じました。

    ところでこれは手持ちの夜間撮影でしょうか。素晴らしい技術ですね。

    道を隔てて反対にある広島市民球場も取り壊しで、残念です。
    • by gengen
    • 2008/12/03 8:32 AM
    atsuさん

    おはようございます。コメントありがとうございます。
    一度は行かなくてはいけないと、ずっと思っていました。
    ほんとは出張がてらというのは嫌だったのですが、広島に行った以上、お参りをせずに帰ることもできないなと思いました。
    子どもたちが大きくなったら、連れて行きたいなと思っています。
    • by NeoN
    • 2008/12/03 9:27 AM
    monopodさん、おはようございます。

    私はめったに行く機会がないので、これを外したらまたいつ来られるかわからないなあと思い、思い切って立ち寄りました。
    資料館などは閉まっていてただ公園を歩いただけですが、それでも行って良かったと思っています。
    今年は偶然にも長崎への出張が数回あったり、スティーブン・オカザキの映画「ヒロシマナガサキ」やNHKスペシャル「解かれた封印 〜米軍カメラマンが見たNAGASAKI〜」の鑑賞など、広島・長崎について触れる機会が多かったです。
    • by NeoN
    • 2008/12/03 9:31 AM
    gengenさん、おはようございます。

    おっしゃるとおり、被写体としてとらえることは非常に難しい、というよりもできないなと思いました。
    今回、とにかく「記録」として撮らせて頂こうという思いでした。

    ISO800まで上げて、木やベンチなどにカメラを固定して撮影しました。
    こんなとき手ブレ補正つきのカメラや高感度に強いカメラが羨ましくもありますね。レンズもキットレンズ1本でしたし。
    しかし、だからといって撮れないわけではないです。特に今回は、作品を作るというわけではなく、とにかく記録として写っていればいいという思いでしたので。
    大きく延ばすと、きっとブレたりノイズが目立ったりしていますよ。それでもいいと割り切っています<^^;
    • by NeoN
    • 2008/12/03 9:43 AM
    難しい被写体ですよね。ホイホイ撮れないと言うか。
    僕も先日訪れて、悩みながらカメラを向けました。

    意味を巡って議論の交わされる『過ちは繰り返しませんから』という言葉など。
    60年を経た今だからこそ、もう一度考え直さなければいけない場所なんだと思います。
    • by スメハッチャン
    • 2008/12/03 12:31 PM
    スメハッチャンさん、こんにちは。

    撮影を躊躇するという感覚は確かにありました。
    少しズレますが、例えば火事の現場や事件・事故の便場などにカメラを向けることも凄く躊躇します。
    なんのために撮影をしているのか?という問いが浮かんできて、シャッターを押せません。そんなとき、ジャーナリスティックな写真やドキュメンタリー撮影で被写体と向き合うには、それ相当の覚悟が必要なのだということを、痛感します

    >『過ちは繰り返しませんから』
    あ、この言葉、やはり議論になっているのですか。不勉強で知りませんでした。私も一瞬、どう解釈してよいのかわかりませんでした。
    • by NeoN
    • 2008/12/03 1:20 PM
    こんばんは。

    中学校の修学旅行で広島に行きました。今も鮮明に覚えています。

    >例えば火事の現場や事件・事故の便場などにカメラを向け>ることも凄く躊躇します。
    >なんのために撮影をしているのか?という問いが浮かんで>きて、シャッターを押せません。

    同感です。
    • by sindbad_7
    • 2008/12/04 6:30 AM
    shindbad_7さん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。

    「何を撮るか」よりも「何は撮らないか」を決めておくことが、私のようなアマチュアカメラマンには大事だと思っています。
    • by NeoN
    • 2008/12/04 9:52 AM
    コメントする