ほろにが

2013.08.16 Friday

0
    R4214204.jpg
    GR Digital 4








    R4214217.jpg
    GR Digital 4







    R4214218.jpg
    GR Digital 4






    恩師との再会

    2013.08.14 Wednesday

    0
      高校時代の恩師が喜寿を迎えるとのことで、友人と3人で先生を囲んで食事会を開いた。
      先生とお目にかかるのは12年ぶりくらいか。
      今でも体操協会の会長など要職を務める現役。補聴器をつけていて言葉が聞き取りにくいようだったが、記憶力、指導力、人間力は群を抜いて素晴らしい。
      こうして恩師とお会いし、ひととき高校生の自分に戻れたことがとても嬉しい。




      街で初めてできた、貸しレコード「友&愛」の入っていたビル。






      中学時代に通っていた塾「早慶桐生ゼミ」の入っていたビルの入り口。






      R4214182.jpg
      友達のご両親が経営していた床屋さんの跡地。






      R4214181.jpg
      学校帰りに良く立ち寄ったレコード店。















      あれこれ満足の1日

      2013.07.29 Monday

      0
        R4213911.jpg
        GR Digital 4







        R4213933.jpg
        GR Digital 4







        R4213913.jpg
        GR Digital 4






        R4213927.jpg
        GR Digital 4







        R4213931.jpg
        GR Digital 4






        一昨日から、子ども達がおじいちゃんの田舎に帰省しています。
        というわけで、昨日は夫婦で出かけてきました。

        六本木でブランチをいただき、そのまま国立新美術館へ。
        超期待してきましたが、その期待を裏切らない素晴らしい展示でした。
        圧倒されて、目がくらくらするくらい。
        今年度最大の目玉ではないでしょうか。
        写真に興味がある方はもちろん、ない方も相当に楽しめるはずです。
        東京では9/16まで。その後、少し間を開けて大阪にも巡回し、2/1から3ヶ月間展示があります。

        展覧会に大満足のまま、銀座、有楽町と流れ、宮崎駿さんの『風立ちぬ』を観ました。
        事前に予約をしておいて大正解。全て満席でした。
        今の日中韓情勢の中、奇しくもベストなタイミングでの上映になったように思います。
        あの映画をどう受け取るかというのは、自分の中の価値観の検証になるでしょう。私的にも、自分の中で少し整理のついたことがありました。

        映画館を出ると雨がポツポツと降ってきたので、地元の駅まで戻り、新しくできたワインの飲める居酒屋で夕食を食べて帰宅しました。
        いろんな意味で贅沢な1日を過ごしました。


        追記:アンドレアス・グルスキー展にもし行かれる方がいれば、音声ガイダンスの利用をお勧めします。聞かないと分からないことが結構ありました。え〜そうだったの!ってことが。500円ですが、オススメです。



         

        上空23000フィート

        2013.03.26 Tuesday

        0
           
          GR Digital 4







          八景島シーパラダイス

          2013.03.16 Saturday

          0
            今日は、長女の誕生日祝いで、八景島へ。
            うちの習慣で、誕生日のプレゼントは「どこかにみんなでお出かけ」。
            今年はみんないろいろ急がしく、泊まりでどこかに行くというのはできず。


            NIGHT TRAIN

            2013.03.16 Saturday

            0
              GR Digital 4






              GR Digital 4







              暗闇の中を駆け抜ける電車の中に、ぽつんと一人も悪くない。



              何が起こったのか?

              2012.11.13 Tuesday

              0
                GR Digital 4






                目の前で、突然の爆発。爆音とともに真昼のような明るさに。





                なんていうドラマチックなことは無くて、朝もやの中を車が走ってきただけです<~~;
                スンマセン。。。

                報告

                2012.11.10 Saturday

                0
                  先週、仕事上のお付き合いのある方が福島の浜通りで震災後のお手伝いをしているというので、陣中見舞いに伺いました。彼は医師で、震災後に崩壊した地域医療を支えるためにかの地でボランティア(どころか、持ち出しもあるようでしたが、、、)に近い形で働いています。
                  彼は大きな病院の理事長ですが、自分の病院は弟に任せて遠く福島へ週に4日、通っているのです。
                  「興味本位で行ったら悪いんじゃ無いかとか、自分が行って何ができるんだろうかとか、そういうこと考えているだろう?」「そんなことは横に置いておいて、とにかく来てくれ。見に来てくれ。」「見に来てくれるだけで、俺たちは力をもらえる。」「見れば、わかる。」という言葉に甘えての訪問でした。
                  彼のいうとおり。テレビや新聞などマスコミでさんざん知っていたはずの景色、課題などが、それとはちょっと違った形でありありと実感できます。
                  「たくさん写真撮って、いろんな人に見せてくれ。」「瓦礫の処理がここに来て急速に進んでいて、どんどん『見えなく』なってきている。」「忘れられるのが一番怖い。」そんな言葉に勇気をもらって、写真を持ち帰りました。


                  一見すると、畑や田んぼだったのかなという広大な平原。平原の切れたその先には、海辺が直に見えます。しかし、そこは街だった。たくさんの家が流され、瓦礫が処理され、その後に雑草が生え、まるでずっと前からそんな風景だったように初めてそこを訪れた人間には見えるのです。本当は高い防波堤があって海など見えなかった場所から、今は海がむき出しで見えるのだと。



                  平原の中にぽつんと野球場がありました。まだできたばかりの野球場。小さな田舎町には立派すぎるその球場は、皮肉にも「電源立地促進対策交付金」で建築されたものでした。
                  壁には津波が到達した高さがわかる水の跡がまだはっきりと残っています。


                  除染の済んだ街の中は0.08マイクロシーベルトくらい。東京が0.05マイクロシーベルトですから、ほとんど変わりません。山の中や高台などでは1.8マイクロシーベルトくらいまであがります。そんな場所は優先して除染作業が行われていました。
                  「除染は気休めにしかならない。しばらく経つと、また数値が高くなるみたい」と現地の人は言っていました。わたしが訪問した街の隣町は子どもたちが外で遊んで良いのは1時間のみという場所。福島第一原発から16キロのところでは検問が実施され、立ち入り禁止。検問には多くの警官が待機。もちろん24時間交替だそうです。警官にも本当にお疲れさまという気持ちにになります。


                  多くの住宅や商店街が残っている街は、一見すると何の変哲も無く、既に復興してきているのかなと思えます。しかし夜になると本当のことがわかります。どの家にも明かりが灯りません。原発から20km〜30kmのところは、立ち入り制限区域から外れても、そこで寝泊まりすることは許されていないのです。街灯や信号は点いているのに、街全体が真っ暗。


                  仮設住宅は、テレビで見ているよりも相当に狭いです。4畳半。テレビカメラが広角レンズで、家の外に体をはみ出さなければ撮影できないことがわかります。豊かな漁師だったお年寄りたちの自宅に比べると、おそらく玄関のたたき程度のスペースで、今生活をされているのだと。



                  「見えない」ことが、全てでした。
                  放射能も、被災の程度も、現地の方の生活も、福島の将来も、原発事故の終息も、復興の手応えも。形があっても見えない「こと」、形が無くて見えない「もの」。全てひっくるめて見えないことの怖さを感じました。



                  福島の山々は紅葉が始まり、とても美しいのです。庭先の柿の木には、収穫されない柿の実が、本当にたわわに実ったままですが、、、、美しい里山の姿。複雑な気持ちにならざるを得ないのです。


                  また訪問をしなくては、と思います。



                  写真を多数載せます。
                  ページが重くなりますので、ご注意下さい。






                  キノコ

                  2012.09.20 Thursday

                  0
                    R4212911.jpg
                    GRD4







                    R4212913.jpg
                    GRD4







                    グランドにキノコが生えていた。作り物みたいなキノコ。
                    変なの(笑)。

                    フォトキナで新製品がこれでもかこれでもかと発表されて、ついて行けません。
                    どのカメラも全て高性能でよく写るでしょう。写真にならないカメラなんて一つも無いでしょう。
                    こんなにたくさんカメラって必要なのかな、と思えるくらい、どれこもれも素晴らしそうなものばかり。欲しいけど、買えなくてもまあいいか。足りていないわけじゃない。。。。そんな気分。

                    もう少し時間が経てば、1台1台が見えてくるかと思いますが、一斉に発表された今の状況では、素晴らしいカメラもAKB48のメンバーのようにみんな同じに見えます<^^;。

                    仕事で持ち歩くノートパソコンを買い換えます。MacBook13インチからMacBookAirの11インチへ。4年間、ほぼ毎日持ち歩いた割には、今までのノートPCと比べても全く筐体の歪みなどがありませんでした。さすがアルミ削りだしボディ。しかし、電源周り、トラックパッド周りの反応が劣化してきていて、使い勝手に影響が出るようになったので。体力を考え、少しでも軽いパソコンに。Retinaディスプレイの13インチAirが出るまで待とうかなと思っていたのですが、やっぱり少しでも軽いモノがいい。11インチでRetinaの解像度は不要かな?という決断。アップルストアでCPU、メモリ、SDDを全てMAXでカスタマイズ(ほんと安くなったなあ、Mac)。
                    どうしても必要だから買う。到着は週明けくらいかな。

                    どうしても必要なカメラよ、出てこいや〜〜!



                     

                    まだ暑い

                    2012.09.17 Monday

                    0
                      GRD4
                      ★クリックすると拡大します






                      9月も中頃を過ぎたというのに、日中の暑さは相変わらず。
                      水不足の関東には雨が降らず、沖縄、九州では台風による被害が。
                      皆さん、無事でしょうか。