久しぶりのフィルム

2016.07.16 Saturday

0

    TRIX_20160715070.jpg

    Leica M3 Super Angulon 21mm/F3.4  TRIX

     

     

     

     

     

     

    本当に久しぶりにフィルムを現像に出した。

    近所のキタムラに聞いたら、フィルムを社外現像(転棟の現像機を使わず、コダックやフジに出す人)を依頼するのは、その店ではもう6人だけなのだという。

    もっとがんばらなきゃいけない、とは思うのだが、つい利便性に負けてしまう。

    利便性というのは、時間や明るさに制限されずに撮影ができるデジカメとの比較ということなのだけれど、じゃあ本当に制限されていないかというとそうではなくて、別の視点で見るならば、違う制限を(無自覚安易に)受け入れている、と見るべきなんだと思う。

     

     

    INDEPENDENCE DAY

    2016.06.24 Friday

    0

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      グローバリゼーションによるいろんなひずみがついに決壊したのでしょうか。

      いつか振り返ったとき、世界史の中で大きなターニングポイントになった日と記憶されるかもしれません。

      多くのセレブリティたちが離脱に反対していたことが印象的であり、象徴的でした。

      形を変えた革命になるのか。

      INDEPENDENCE DAY!という叫び声がテレビから聞こえてきました。

       

       

      川風

      2016.06.22 Wednesday

      0

        _DSC2415.jpg

        SONY α7s Voigtlander Nokton 50mm/1.1

         

         

         

         

         

         

         

         

        風が気持ちいい。

        自然と笑顔になるね。

         

         

        結局、ヘッドホンアンプを導入しました。TEACのHA-501です。

        これが大正解。もう、全く違います。

        大音量でもぶれず、歪まず。

        ビシーっと安定。気持ちも安定(笑)。

         

        DACもTEACなのでおもしろみのない組み合わせとも言えますが、、、まずは落ち着きました。

         

         

        TUCK & PATTIのデビューアルバムです。

        女性ボーカルとギターだけですが、素晴らしいです。

        長年聞いていますが、飽きません。

        新しいアンプとヘッドホンで、またまた惚れ直しました。

        手賀沼 2016

        2016.06.13 Monday

        0
          L1029417.jpg
          Leica M9 SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical








          そろそろまとまった雨が降ってくれないと困る感じになってきましたね。

          先日、ATOK2015 MAC版のアップデータが出た。
          時々、日本語入力開始時にタイムラグが発生するバグがようやく治った。
          今月には新しい2016版が発売されるが、重大なバグだったのでちょっと遅いよ、と文句の一つも言いたる。まあ、治って良かったけど。


           

          J RIVER Media Centerを試す

          2016.06.12 Sunday

          0
            L1029415.jpg
            Leica M9 SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical







            PC周りのオーディを環境をもうちょっと良くしようと悪戦苦闘しています<^^;
            Audirvana Plusの試用期間が終わりそうなので、Mac環境で使えて音質にも定評のあるJ RIVERをインストールしてみました。
            AudirvanaはiTunesの画面とプレイリストをそのまま継承できるので便利だと思っていたのですが、J RIVERもカタログを読み込むだけでMediaの2重持ちはしなくてすみました。
            J RIVERは機能がとても豊富なのと、iTunesよりも情報表示が巧みで、使い勝手がとても良いです。
            私はPCMをアップコンバートして聞いているのですが、音質はAudirvanaの方がちょっとだけ解像感が高いというか、透明感があるような気がしました。
            ただ、PCMをアップコンバートして聞くのは、音楽のジャンルやデータそのものの違いで、ずいぶんと変化があるのだということがようやくわかってきました。要は、得手不得手があるのですね。
            アップコンバートすると解像感や繊細さが増すのと引き替えに、音が痩せるというか、力強さがなくなってしまう曲もあるように思います。
            J RIVERにはPCMデータをリアルタイムにDSD変換して再生する設定があるのを見つけました。
            これを試したところ、私の好みに一番ピッタリする感じです。特にボーカル系、ロック系では解像度が高くかつ音に厚みもあるように感じます。
            しばらくこれを使ってみて、気に入ったら購入しようと思います。

            それにしてもヘッドフォンでじっくり聞いていると、今まで聞こえていなかった音がたくさんあることに驚き、感動しますね。
            BobDylanの「It's All Over Now, Baby Blue」なんて今まで何度も聞いていたのに、左チャンネルの裏の方でギターが録音されているなんて、気づきませんでした。なんで気づかなかったのかというくらい大きな音というか、印象的なフレーズの繰り返しなのですが。
            今までよっぽどちゃんと聞いていなかったのか、スピーカーからの音がいまいちだったのか、PCオーディオがすごいのか。。。。
            新しい発見が多いので、古いアルバムをいろいろと聞き返したくなります。