ライカワークショップ

2010.11.14 Sunday

0
    マニアックな趣味の世界の本をたくさん出しているエイ出版から、『ライカワークショップ』(田中長徳)が発売になった。
    今回は、「フィルムライカだけでなく、デジタルライカについても大いに語る初めてのライカ本」と筆者自身が宣伝していた(と、筆者ブログに書いてあった)ので、密かに楽しみにしていたのだ。
    M3~M6までのライカに関しては、たくさんの本が出版されているが、M8以降のデジタルライカについてうんちくが語られている本というのは、本当に少ない。わずかにムック本と言われる半分広告みたいな本が2〜3冊。ライカ人類(@長徳)のための書籍というのは皆無であった。

    これだけをとっても、Mデジタルというのはフィルムライカほどに語るべきのないカメラ、語るべくの無い世界なのかな・・・と邪推してしまうのである。

    本屋で見つけて、ページをめくろうとすると本が丸ごとフィルムでパッケージされていて買って家に帰るまで中身が見られない。ずるい。う〜ん、1600円か。と、ひとしきり悩むふりをして、さっさと買って家に帰る。

    で、目次を開くと・・・、デジタルライカに費やされているのは9ページ。うち2ページはR-D1。繰り返します。全230ページのうち、6ページ。シェ〜〜〜(死語)。

    長徳氏は今回の本のためにはじめてM9で撮影をしたそうな。発売されて1年も経って、やっと。しかもライカカメラからのレンタル品。う〜ん。この事実が全てを無言で物語っていますな。
    で、M9は買う気がないそうな。理由は、買うとフィルムライカを全く使わなくなりそうだから・・・。何とも、微妙な。

    彼の筆力が落ちたのか。Mデジタルは趣味とするにはその程度のものなのか。さて、どっちなのかしら。





    棚卸し?

    2010.06.30 Wednesday

    0
      近所のキタムラに行ったら棚卸しの後みたいで、セール品、処分品が出ていた。
      FUJI PRO 400 120版が半額。期限切れ間近かなと思って確認すると2012年4月。あれなんで?ラッキーなんて思っていると、どうも120フィルムはポジしか置かなくなるようで、在庫一掃ということのよう。う〜ん、ラッキーとは安易に思えないなあ。。。。

      同じカゴの奥にオリンパスのバッテリーBLM-1を発見。新品で2000円也。とりあえずゲット。E-1で使うかE-5で使うか(笑)。でもこれもラッキーと喜べないなあ。バッテリーがセールにでるなんて普通はないんだけど。フォーサーズ用はもう売れない、置かないという判断か。

      このお店は処分品がよく出てくるところで、先月もフィルム保管用のアルバムとシートを手に入れたばかりなのだが、よく考えてみると出てくるのはフィルム関連品ばかり・・・。フィルムの販売スペースも縮小の一途。
      何とも複雑です。

      M7とMPが製造終了・・・!

      2010.06.20 Sunday

      0
         今月号のアサヒカメラを開いて衝撃を受けました。

        ついにライカはM7とMPの製造を中止したとのことです。
        いや、正確にいうと、「2009年で既に製造を中止していた」ということです。
        もちろん部品を含めたストックは今のところ潤沢にあるでしょうが、X1やS2の開発と引き替えに、フィルムライカが終わってしまったのです。

        ライカがフィルムカメラをもうつくっていない。。。。やめてしまった。ライカがフィルムをやめて、ライカ版のフィルムは残るのだろうか?私にはそうは思えないです。。。

        アナログレコードも残っているんだからフィルムも残るんじゃなかいと思っていましたが、本当にフィルムがなくなる日が来るんじゃないか、と体が震えました。

        カメラ・ライフ vol.5

        2010.04.18 Sunday

        0

          『カメラ・ライフ』という雑誌があります。表紙に大きな文字で『CL』と書いてある雑誌。
          最近増えているフィルムカメラを中心に取り上げている『カメラマガジン』系の雑誌です。
          毎号気になって手には取るのですが、中身がイマイチ薄いと感じ、購入したことはありませんでした。
          今号もあまり期待せずに店頭で手に取ってみましたが、今回は買っても良いかなという内容。
          「灯台をめぐる旅」という特集がなかなか良かったです。灯台ばかりを撮っている日本人カメラマンとその作品が紹介されていますが、これがなかなか良い。アメリカの灯台はバラエティに富んでいて、素敵なんですね。知りませんでした。あれは、絵になるなあ。

          今号は古いカメラやトイカメラのカタログみたいじゃなくて、作品が多く紹介されていて、なかなかお奨めです。書店で眼にしたら、手に取ってみて下さい。


          CP+へ行ってきますた

          2010.03.11 Thursday

          0
            柄にもなく、CP+へ初日に行ってきマスタ。

            「モニタのCMSとその検証について(初級編)」というセミナーがあったので申しこんでみました。3000円也。ためになるなら安いものかなと思いましたが、、、、はっきり言って失望もの(泣)。
            わかったことはただ一つ。
            「モニターとプリントの色を合わせることはできません。」
            はっきり言っていましたよ(笑)。
            うん、それはわかった。
            「合わせられないので、できるだけ似た色を作りましょう。」
            うん、なるほど。
            で、どうしたら?・・・・終了。
            え、そこまで?
            ん〜、タイトルと内容が一致していなかったなあ。

            気を取り直して、CP+本会場へ。
            初日かつ平日と言うこともあり、人出も少なめ。しかし、一箇所だけ静かな盛り上がりを見せていた場所が。。。。それはペンタックス。
            見てきました。645D。

            はっきり言って、いい! オーラがありましたよ(笑)
            デジカメを見て久しぶりに「良さそうなカメラだなあ」と思いました。
            なんか、ボディから気合いがみなぎっています。あの感じは、まさにE-1登場時の雰囲気。
            ペンタックスの社員も、なんかすごく嬉しそうな感じで説明していました。
            あれだけのものを作ったんだから、売れて欲しいなあ。ニコン、キヤノンのフルサイズ・フラッグシップと変わらない価格設定であの存在感。ブレークしそうな予感です。





            マイクロフォーサーズ用ノクチ?

            2010.03.02 Tuesday

            0
              噂のノクチ?が出ましたね。F0.95だそうです。


              作例はこちら


              Leica X1とバルナックライカ

              2010.02.25 Thursday

              0
                ようやく日本でのデリバリーが開始されたX1ですが、今月号のアサヒカメラでバルナックライカとのデジタル・フィルム対決記事が出ています。
                モノクロ対決なんですけれど、ひいき目に見ているといわれればそれまでとは言え、バルナックで撮影した作品の方が私にはよく見えるんですよね。2つのカメラの間には60年の時間が流れているのですが、「その間の進歩っていうのは何だったんだろう」か・・・と記事に書かれています。
                私が言っているんじゃないですよ(笑)。そう記事に書いてあるんです。
                そして、これから60年後もおそらくバルナックは動いているだろうけれど、X1は動かないだろうとも書いてある。
                オイオイ、そんな真実を書いてしまっていいのかい?(笑)



                やっぱり「月1の会」の活動は、大事にしなくてはね。












                コニカミノルタ製品のサポート体制が変更に

                2010.02.14 Sunday

                0
                  コニカミノルタの旧製品のサポートはソニーが引きついて行っていましたが、2010年3月いっぱいで、ソニーへの委託は終了するそうです。
                  2010年4月からは、ケンコーが引き継ぐとのこと。
                  こちらにアナウンスが出ています。

                  コニカミノルタからソニーへ移った技術者がサポートをしてくれているものだとばかり思っていましたが、そうではないのか?それとも、ソニーへ移った技術者部隊が丸ごとケンコーに売られたのか??真相はわかりませんが、なんとなく心配というか、不思議。







                  M9+summicron50mmとE-P2&GH1+20mm/F1.7の比較

                  2010.02.06 Saturday

                  0
                    表題の機種で同じ被写体を撮影し、比較画像をのっけてくれているサイトがありました。
                    こういうツボなことをやってくれる人って、いるんだなあ(笑)。
                    ここです。

                    どちらもJPEG撮って出しです。JPEG勝負だと、はっきりいってどっちでもいいじゃん、って思ってしまうのは見る目がないから?
                    RAWだともっと違うのかなあ。それと、summicronみたいな優等生レンズだと特徴が出にくいのか。








                    Leica X1 ?

                    2009.09.06 Sunday

                    0

                      これですか?
                      昨日のPDF資料の下の方で紹介されていました。見逃していました。
                      撮像素子はCMOSと紹介されています。m4/3のLiveMOSなのか、サイズについての言及はありません。

                      オートフォーカスらしき説明があるので、レンズは固定式?もしくはm4/3マウント?